人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

おかま という単語の語源について教えて下さい。(文献) 江戸時代の俗語らしいのですが、(論拠としている)具体的な文献名がわかりませんでした。 1970年代頃からいわれている、文献があるとのことですが、具体的な文献名がわかる方いらっしゃいますでしょうか?

●質問者: 心は萌え
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● MEI-ZA-YU
●68ポイント

文献では1970年代より、もっと古いものがあります。
1940年の『夫婦善哉』(織田作之助)に既に登場しています。
http://www.ikkojin.net/ikkojin-news/2013/09/100-15.html

http://www.aozora.gr.jp/cards/000040/card545.html
ここ↓ の中程過ぎに書かれています。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000040/files/545_33102.html

柳吉は白い料理着に高下駄という粋な恰好で、ときどき銭函を覗いた。売上額が増えていると、「いらっしゃァい」剃刀屋のときと違って掛声も勇ましかった。俗に「おかま」という中性の流し芸人が流しに来て、青柳を賑やかに弾いて行ったり、景気がよかった。


心は萌えさんのコメント
明治維新って、1860年台ですよね? 1940年でも約100年近くあとで、創作なのか、史実なのかわかりませんよね。

質問者から

すみません。江戸時代のことなので江戸時代の文献、せめて、明治維新直後ぐらいの文献をお願いします。


2 ● スパロウ
●66ポイント

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%BE

ちょっと回答としては不適切なワードが入っていますが・・・・・・。


心は萌えさんのコメント
あ、いえ。それは読んだのですが。詐称として使われていると書いてあるのですが、その歴史的経緯を説明する文献を探しているのです。 詐称として使われた歴史的。つまり 差別の歴史を知りたいのです。

スパロウさんのコメント
いつの間にかBAが決まっていた・・・・・・。 質問意図に合った回答が出来ず、期待に添えなかったのが悔しいです(汗)申し訳ありません。

3 ● libros
●66ポイント ベストアンサー

誹風末摘花(安永5?享和元年[1776?1801]刊)に

お釜の ばくばくを後家は 買いに来る
http://www.geocities.jp/kojifuji55/suetumu/Page43.htm

という川柳があります。


心は萌えさんのコメント
おぉぉぉ ありがとうございます。

心は萌えさんのコメント
調べてみたところ どうやら 京都の遊郭の言葉?なのですね。ありがとうござました。理解が進みました。

librosさんのコメント
京都の遊郭の言葉だとは知りませんでした。こちらこそ勉強になります。 戦後のおかまの歴史については、こちらが多少参考になるかもしれません。 [http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000057718:title]

心は萌えさんのコメント
ありがとうございます! 『戦後日本女装・同性愛研究 など いろいろ出てきました。ありがとうございます。

librosさんのコメント
ベストアンサーに選んでくださって、ありがとうございます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ