人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

筋肉の血流の仕組みについて分からないことがあります。
負荷がかかった筋肉だけ血流がアップするような仕組みなのでしょうか?それとも運動すれば全身の筋肉に対し血流が良くなるのでしょうか。
たとえば、足を動かしながら腕は動かさなかった場合、腕の筋肉の血流は安静時と同じなのかどうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

脈を測ってみればわかると思いますが、足だけの運動でも呼吸や手の脈も速くなりますから、全身の血流がアップしているということになると思います。

また、緊張しただけでも脈拍はあがるとのことです。

http://www.myakuhaku-check.com/what.html#s01

筋肉(筋トレ?)に関していえば、負荷をかけると(収縮時)血管を圧迫して血流の流れが一時的に悪くなのるではないかと思います。それを解放すると止まっていた血流がいっきに流れ全身の血管も多くの血流に対応するために拡張するのだと思います。
詳しくは「筋ポンプ」というキーワードで検索してみてください。


2 ● 匿名回答2号

運動すると交感神経が興奮しますが、筋肉に分布している動脈の平滑筋は、他の血管の挙動(交感神経で収縮)に反して弛緩し、血流が増える仕組みになっています。したがって交感神経に依存すると思いますが、足だけを動かせば足だけの血流が上昇するだろうと予測します。
筋ポンプでは静脈血流の還流が良くなるため血流は良くなると予測します。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ