人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ここは確率が高い、信用できる、面白い、という天気予報のサイト、団体、個人を知っていたら、おすすめください。

沢山の天気予報士や、気象情報サービスがありますが、それぞれに個別の予報などを出しているのでしょうか。

そのなかで、この人(団体、サイト)の予報はよく当たる、もしくは一読の価値がある、個性が際立っているなどの違いは大きいのでしょうか。

その中で、信用できる、興味深い、などの理由からおすすめできるものがあれば、教えてください。よろしくお願いします。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

TVやラジオなど、公共の電波に乗せて発信する形式の場合だと、気象庁の発表と異なる見解を予報として発表するのは禁止されているみたいなので、どの局を選んでも予報自体は全く同じ内容のはずですよ。この点、確立に差異が出るはずがありません。違いがあるとすれば、予報に対する気象予報士の解説部分のみでしょう。この点、「天気図を動かしてみましょう」と言いながら、レーダー解析を通した後の色分けされた画面の変化で説明するのがメインとなっている番組はいまいち信用が置けませんね。NHKとかNHKとかNHKとか。天気図の変化は、衛生写真の変化を連続で見せる(従って過去のものしか存在しない)ところの方が説得力がありますし、どの雲の塊が自分の住む地域にいつ頃影響を与えそうかというのも自分である程度推測できるので、個人的にはそういうところのほうが好みです。ただ、我が家の場合、お金を払っているから見ないと損との理由から、天気予報の時間になると、チャンネルを強引にNHKに変更するという横暴が昔から繰り広げられています。この傾向、日曜日が特に顕著で、さざえさんの歌になるやいなや、すぐさまチャンネルが変わります。

なお、独自の分析を元に気象庁とは異なる見解を発表するところもあるようですが、そうしたところは特定の業種向けにビジネスとしてやっているので、民間人向けにタダで情報を垂れ流すとも思えません。

個人的に好きなのは、TBSの森田さんの天気予報ですね。今調べたらこの人を中心とした予報士軍団によるブログもあるみたいなので、一応URLを張っておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map


匿名質問者さんのコメント
詳細な情報ありがとうございました。なるほど。そういったメディア的な事情があるのですね。たしかにビジネスを無料開放することはないですね。森田さん関連のブログ、読みたいと思います。いつかゆっくりサザエさんをご鑑賞できること、お祈り申し上げます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ