人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

緊急)石舞台古墳のことを、レポートしていたら、分からないことがありました。

石舞台古墳の出土品に、江戸時代に使われていた、寛永通宝の金銭が出てきたと書いていて、、、。

なぜ、石舞台古墳は、飛鳥時代なのに、江戸時代の寛永通宝が出たのか、教えてください<m(__)m>

出来るだけ早くお願い致します

●質問者: ゆんゆん
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sasada

寛永通宝や宋銭が出たのは羨道部と外堤だそうですから、時代が下ってから埋没したのでしょう。
石舞台古墳 - Wikipedia


ゆんゆんさんのコメント
時代が下るとはどういうことですか?教えてください

sasadaさんのコメント
時代が下(くだ)るとは、時代が先に進み現代に近づくことです。過去から現代に、時代という川が流れているイメージですね^^ http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12858237

ゆんゆんさんのコメント
有難うございます! がんばって、レポート作成いたします!(`・ω・´)

2 ● a-kuma3

こんなのがありました。
http://www.geocities.jp/kiebine2002/hamada.htm
濱田耕作というのは、明治時代の考古学者だそうです。
なので、文章が古くて読みづらいですが、質問に関係しそうなところを抜き出しました。

六、発掘の遺物

前年石室を清掃した際に、その内部から素焼の土器多数、及び稍々後世の祝部風土器、其他、永楽通宝・元豊通宝・寛永通宝等の古銭を発見し、是等の或者は石舞台古墳築造当時副葬せられたものであり、或者は後世石室開口後、或いは内部に神仏を祭祀し、或いは民人の出入居住するものがあって残されたものと推測せられたが、今次の発掘に際しても、濠内其他の部分から土器はじめ各種の遣物が若干出土した。而して、是等の多数は古墳築造以前、若しくは、当時使用されたものが、封土中に混入したものであり、中には或いは古墳築造に従事した人の使用したものがあるかも知れぬ。

# 赤い色は、ぼくがつけました。

この古墳は、墓荒らし(盗人)にあって、入口が開いた状態になってて、江戸時代に、そこに人が住んでたんじゃないか、って。
文章で赤く色を付けなかったところに「内部に神仏を祭祀し」というようなことも書いてあります。
何か神様なんかが祭られてて、寛永通宝などは、お賽銭(さいせん)のつもりだったのかもしれません。


ゆんゆんさんのコメント
ほー。。 わざわざ、赤い色で分かりやすくしていただいて、ありがとうございます!(*´▽`*) がんばって、レポート作成いたします!

ゆんゆんさんのコメント
も一つ質問してもいいですか? その、寛永通宝などがお賽銭だったということは、石舞台古墳が江戸のお賽銭箱だった ってことですか?

a-kuma3さんのコメント
現代でも、少し田舎に行くと道ばたにお地蔵さんが、野ざらしだったり、小さなほこらに祭られていて、その前にお供え物だったり、お賽銭のつもりで、五円玉なんかが少し積んであったりします。 もし、出土した寛永通宝が、お賽銭だったとしたら、祭られていたものが野ざらしにならないよう、屋根というか、祠(ほこら)のつもりだったのかもしれません。

ゆんゆんさんのコメント
ほー。ご丁寧にありがとうございます! 私のとこは、田舎じゃないので、いい話聞かせていただきました! 有難うございました(*´▽`*)

a-kuma3さんのコメント
画像を検索してみました。レポート、頑張ってください <tt>:-)</tt> >> http://4travel.jp/travelogue/10442003 [http://img.4travel.jp/img/tcs/t/pict/500/18/63/63/500_18636344.jpg:image:w320] << >> http://blog.goo.ne.jp/itijouji1969/e/1c566de13ca40642d022aefb8009145b [http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/f4/77cbb96701f4c054167ae1487d8de674.jpg:image:w320] <<

ゆんゆんさんのコメント
うわーすんごい! ありがとうございます!(*´▽`*)
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ