人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

イギリス国教会での1534年の国王至上法(首長令)を考えると、
『イギリス国王』というのは、
カトリックのローマ法王(もとい、ローマ教皇)、
正教のコンスタンチノープル大主教、アンティオキア大主教、アレキサンドリア大主教とか、
シリア正教のアンティオキア大主教
コプト教会のアレクサンドリア教皇
アルメニア正教のカトリコス
と同じ立場にあるのでしょうか。
それとも、『イギリス国王』は別格で、むしろ、『カンタベリー大主教』がその立場になるのでしょうか。 そもそも、『イギリス国王』は、どういう位置付け、どういう役割なんでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

まず、ローマ法王は間違いな。ローマ教皇が正しい。

カトリックのローマ教皇に対応する英国聖公会の役職はカンタベリー大主教。

というか普通に考えれば、イングランド王に対応するのは、同じ政治権力者であるローマ皇帝だとわかると思うんだけど。西ローマの皇帝は6世紀には途絶えたけどな。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 重ねて伺うようで申し訳ありませんが、 首長令といいますが、首長とはどういう役割なんでしょうか。 言い換えると、イギリス国教会では、国王とは、特別な位置を占めているんでしょうか。 また、アメリカにも国教会(聖公会)がありますが、 やはり、英国国王が特殊な位置を占めているんでしょうか。 教えていただけると幸いです。

匿名回答1号さんのコメント
法律名にも、その内容にもそれほど意味はなく、その法律が成立した時期の力関係が明確になるだけだ。この点は、日本の公家と武家の問題に置き換えればよくわかる。 日本ではまず公家が優勢、やがて武家が台頭し、その後、明治維新で天皇に権力が戻ったわけ。ここで天皇を教皇や大主教に、武家を皇帝や王に置き換えるとどうなのか。 カトリックの場合、はじめは皇帝が優位で、後に教皇が優位になった。聖公会もこれと同じく、最初は王が優勢だったけど、現在では日本と同じく象徴的な意味しかないわけよ。 アメリカの聖公会は分家筋だけど、本家と独立した見解を示しているかどうかまではさすがに知らん。てかそんなこと知って何になるんだ?そういう動機の部分をきちんと説明しておかないと、やがて誰からも回答してもらえなくなるぞ。

匿名回答1号さんのコメント
もう1点。法律とは国家の法律であって、教会内の法律とでも呼ぶべきドグマとは全く無関係だ。ここまで説明すればさすがにわかるよな?

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ