人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

楽をしたり嫌なことから逃げたり後回しにするくせを治したいのですが、どうしたらいいでしょうか。些細な事でもいいので回答宜しくお願いします...

●質問者: RapirOfBuren
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 朝霞(あさか)

40代のおばさんです。

「連絡をすぐに取らないといけないのに忘れてしまったり、ずるずると後回しにしてしまう」という時は、相手の気持ちになってみて下さい。トラブルに巻き込まれていないだろうかと心配していたり、業務がスムーズに進んでいるか知りたいなどです。

宿題とかに手を付けたくない…… これは自分も体験があるので耳が痛いのですが、勉強を怠った結果自分は志望した大学の受験に失敗しました。
自分が学生時代の時よりも、ゲームなど趣味や楽しみがあふれている現代、誘惑は多々あります。とにかく、一ページやってみる。やったらゴロリと寝るなりして、また1ページやるというように、ちょこちょこやる他ないかなと思います。
自分は理系が苦手だったので、思い切って私立文系に絞りました。それでも古文や歴史はきつくて、なかなか成績が伸びませんでしたね…… はあぁ……

自分が10代、20代の時、40代の自分の生活設計なんてよく分からなかったですし、考えもしませんでした。持病を抱えて療養生活するなんて事も。
若いときは1?3年先までの事で十分だと思います。学生さんなら、とにかく卒業すること。そして、希望する次の学校へ、就職先へ進むためにどうすればいいか学校や塾などの先生と相談することでしょう。

また、家事手伝いなど、保護者から言われたことをなかなかやれないという事については、家事を覚えること=独立してから役に立つことなので、なるべくがんばるようにしてほしいというのがおばさんの願いです。

自分は今、一人で生活しています。洗濯掃除料理買い物家計管理……すべて一人でやらなくてはなりません。
大学進学や社会人になって、親元を離れて一人で生活する人もいるかと思います。その時、「汚部屋」で知人にドン引きされないように、無駄遣いして親に追加のお金をねだることがないように、親元に居る間に色々家事を覚えておく事が大事だと思うのです。

将来のことはどうなるか分かりません。しかし、将来役に立つことを10代、20代のうちに学んでおくと、その後の生活が楽になるというのだけは、自分の経験から言えると考えています。

ちびちび休みつつ、ちびちび課題なり家事をこなしていって欲しいと思います。

参考になりましたら幸いです。


2 ● jan8

「自分に返ってくる結果を想定し、それで良いか考える癖」をつければ良いと思います。

そうすれば、逆に「やらなくても良い無駄な事」もみえてくると思います。


3 ● なぽりん

とりあえずスケジュール帳に時分まで予定を書いておき、アラームが必要なものは携帯で鳴らすようにする。
空き時間がなくなるようなスケジュールをたてない。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ