人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


昔のヨーロッパのカトリックでは、枢機卿や司教や司祭に俗人がなれたのでしょうか。教えてください。
聖職売買が俗人も交えて行われれば、ありそうな話です。
下記は、15世紀、16世紀のスコットランドのカトリック教会を示す記述をコピペしました。
「聖職禄」という聞きなれない言葉もあります
***
司教や修道院長のポストは利権の対象で聖職売買も行われ、
大多数の司教区や修道院は俗人聖職禄保持者に支配され・・・
王や貴族の教会外勢力の発言権が強くなりすぎ・・・・

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

まずは「俗人」の意味をを辞書で調べるところから始めようか・・・地位が金で売買されてたのは確かだが、ラテン語やギリシャ語すらできない教養のない一般人は司祭にすらなれなかったんじゃないかと思われ


匿名質問者さんのコメント
コメントを有難うございます。 私としては、もちろん、一般人ではなく、貴族豪族といったところを想定しております。ボルジア家とか、オルシーニ家とか、そういうような金持ち大貴族の一族です。むろん、高い教養を持っていた階層です。

匿名回答1号さんのコメント
分かっとらんな。ラテン語というのはローマ帝国の公用語で、西ローマが滅びてからは誰も使わなくなったんだけど、聖書の翻訳は原則禁止されていたので、聖書を読むためにはラテン語やギリシャ語を学ばなければならなかった。聖職を目指す人にとっては必須であったので、修道院などに住み込みで学んだわけよ。対する貴族にとっては実用性皆無、教養のうちにすら入らない、そういう類のものだ。

匿名質問者さんのコメント
たしかに、貴族が一般にラテン語が話せるとは言えないと思います。シャルルマーニュは文字が読めなかったそうですし、キエフからフランス宮廷に輿入れした姫君は文字が読めるので、フランスはびっくりした(姫君の名前は忘れました)そうです。 「俗人聖職禄保持者」ということばがありましたので、貴族の中で、妻帯はしており、その意味で俗人であるが、例外的に、ラテン語などが使える者がいたのではないか、と思いました。

匿名回答1号さんのコメント
「俗人聖職禄保持者」、検索結果3件のみ(うち1件はこのページ)。 なるほどやっぱりソースはスマイル会ってところだったか。調べてみると、そこの著者って政治・経済分野の経歴を持つ人しかいないのよね。せめて歴史担当1人くらいないのかよというのが第一印象。で、問題のPDFに目を向けてみると、今井宏という名前が拾えて、さらにこの名前で検索すると、予備校講師、担当英語…ぉぃぉぃ

匿名回答1号さんのコメント
あと、俗人が聖職に就いたんじゃなくて、聖職者の俗人化が正しい。教会内部で道徳的退廃が進んでいたわけで、これが宗教改革のきっかけともなったわけ。

匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。スマイル会って有名なのですか(「なるほどやっぱり」と仰るところを見ると)。 「聖職者の俗人化」とは、 聖職者の癖に、属人みたいなことをする、 たとえば、「妻帯する」、とか、「お祈りなどの真面目な生活を放棄する」、とか、 「しっかり勉強してマスターしていたラテン語をだんだん忘れてしまう」とか、 「神学の教義を忘れてしまう」とか そういうことでしょうか。 子供がいる教皇様とか(私生児という扱いだと思われます)が、 聖職者の俗人化の典型なのでしょうか

匿名回答1号さんのコメント
>> ありがとうございます。スマイル会って有名なのですか(「なるほどやっぱり」と仰るところを見ると)。 << いや、「俗人聖職禄保持者」という見慣れない言葉を持ち出されたので改めて検索したら、そこくらいしか使用してるところなかったのよ。つまり、時代背景もなにも理解してない素人が勝手に変な言葉を新たに定義したという事なんだろうね。 あと悪かった、俗人化ではなく世俗化だ。「聖職者」「世俗化」の2つのキーワードで検索すれば、お探しの情報はいくらでも見つかると思うよ。 https://www.google.co.jp/search?q=%E8%81%96%E8%81%B7%E8%80%85+%E4%B8%96%E4%BF%97%E5%8C%96&oq=%E8%81%96%E8%81%B7%E8%80%85%E3%80%80%E4%B8%96%E4%BF%97%E5%8C%96&aqs=chrome..69i57.8213j0j7&sourceid=chrome&es_sm=122&ie=UTF-8 ネットには沢山の情報が溢れていて、昔と比べると調査は遥かに楽になったんだけど、全ての情報が正しいとは限らないのがネックなのよね。 1.見慣れない言葉が出てきたらまず検索 2.情報の正しさを疑え つまり正しい情報というのは、複数の情報源を調査してはじめて見分けられるものなわけ。 もうすでに当初の質問とはかけ離れているでしょ?。あなたは新たな疑問が発生し、その疑問に対する質問をする権利があると思っているのかもしれないけれど、そうした2番目3番目の質問をぶつけられる側はたまったものじゃないのよ。根掘り葉掘り聞かれても、こちらも全てに回答できるほど博識というわけではないので、まずは自分で調べて、改めて分からない事を別の質問立てて聞いてくださいな。

匿名質問者さんのコメント
どうも有難うございました。 実際、次々いろんな疑問が発生してしまいました。 図書館にいくなどして、じっくり、ゆっくり構えたいと思いました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ