人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

<連合王国のこと。イングランド>:ウエールズは、併合されて随分になりますが、いまだに、別別の領域です。イングランドの州(シャー)にはならずに、ウェールズという一体化した領域です。
スコットランドも、アン女王の時代に、合邦して、随分になりますが、個々の州として、イングランドとスコットランドがいっしょくたにならずに、イングランド、スコットランドとしてまとまりがありました。それなりに理由があったのでしょうか。

一緒にしてしまっておれば、独立論など起きなかったと思われますからこんな質問をしています。。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号

http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/27/scotland-independence_n_5721392.html

北海油田の揚がりを当てにして独立運動が起きたって事を聞きたいのかな?
もちろん、古くからの因縁もある。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 聞きたいのは、スコットランドが、イングランドと連合することになったあとも、スコットランドとしてのまとまりは尊重されて、今日までいたったのはなぜなのかということです。このまとまりは有名無実のものだったのかどうかよくわかりません(教えてもらえると幸いです)。 ただ、スコットランド省というものを設けていたので、一定のまとまりが認めてあったように思います。 しかし、このようなまとまりを設けたまま、200年以上も続けていて、20世紀の終わりにには、自治政府を認めました。 このスコットランドのまとまりを尊重していたのは、なぜなんだろうと思いました。イングランドに併合してしまうという選択もあったと思います。つまり、スコットランドをバラバラにして、イングランドの州に組み込んでしまう方法もあったと思うのです。

匿名回答2号さんのコメント
軍事的に征服された地域だって事だから、民族や宗教の違いがあったようなんだけど、今更ではないところが凄い。 併合当時の怨念が残っているようなものかな。 スコッチの取り締まりなんかでも、英国王室はかなり恨みを買っていたらしい。 詳しい事情は専門外なので、英国紙を紐解いて調べてみて欲しい。 アイルランドほどじゃないけど、併合当時からの独立派は多い。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ