人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

トランジスタアンプの回路設計

初めてトランジスタアンプの回路設計をしてみようと思い、下の回路を書きました。
出力2W、増幅10倍、電源は±4.5Vにしたいなと思っていたのですが、
LTSPICEでのシュミレーションで上手く行きません。
NJM4580で増幅される信号がクリップしたような波形になってしまいます。
増幅率を下げてもあまり改善されません。
また、ダーリントンの部分でも上手く信号が増幅されていないように見えます。

ダーリントンの後段は2SC3851、2SA1488、温度補償は2SC3964を使おうと思っています。

幾分初めてでイマイチ要領が掴めていないのですがご指導よろしくお願いします。

1411454348
●拡大する

●質問者: がくふぁ
●カテゴリ:科学・統計資料 家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pooh00340

ずぶの素人ですが
ぱっと見、Q4Q5のエミッタコレクタがおかしいような
違っていたらすみません


がくふぁさんのコメント
回答ありがとうございます。 PNPトランジスタの接続がおかしいということですね。 見なおしてみます。

2 ● ヨネちゃん

Q4Q5は問題ないと思います。
電源が±4.5Vであるとするなら、出力波形のピークトゥーピークは7.6Vが限界ということになります。
電圧増幅率が10倍とすれば、入力波形のピークトゥーピークは0.76Vが限界です。
しかもこれは絶対限界であり、実際はもっと低い電圧で歪が生じます。
また実際には各部品に個体差があり、R2やR7は可変抵抗を用いるのが通常です。


3 ● jan8

オペアンプのマクロモデルの数値が仕様と合わない?と言う記事を見つけました。
NJM4580のマクロモデルについて

実際にマクロモデルをダウンロードして中身を見てみました。
マクロモデル|半導体インフォメーション|新日本無線(New JRC)

FAQより、「モデリング対象はモデリングレポートに記載」とあります。
マクロモデルを利用してシミュレーションをしたが、消費電流がデータシート記載の定格電流を超えて流れてしまいます。マクロモデルの不具合でしょうか?|よくある質問(FAQ)|半導体インフォメーション|新日本無線(New JRC)

ダウンロードしたマクロモデルのモデリングレポートを確認しましたが、
出力電流と出力電圧の関係を評価する項目はありませんでした。
NJM4580

モデリング対象でないのに、出力波形はクリップするように出来ていて、クリップする電流(6mA)が定格(50mA)と合わないのは何故か?よく分かりません。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ