人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

癒着性の腸閉塞にステント治療は一般的ではないのでしょうか。高齢親族が数十年前の十二指腸潰瘍と、近年の胆のう摘出の二回の開腹手術による腸の癒着から、腸閉塞(おそらく小腸)をたびたび発症しています。癌による大腸閉塞とは違うという理由で、ステント治療を望んでも、まだ自然治癒に任せた方がいいということです。

しかし閉塞を起こすたびに苦しむ本人を見ていると、もうすこし積極的な治療方法はないかと思ってしまいます。閉塞している部分以外の腸の大部分は活発で健康ということです。

閉塞の発作が、治ってしまえば、普段は元気にゴルフや畑仕事をしているような人なので、基本的な体力はまだまだしっかりしていると思います。また腸ステントを施した後は、スポーツなどはできなくなるのでしょうか。

癒着性腸閉塞には腸ステントは、そもそも意味がない、症例がないというなどという理由もあるのでしょうか。

上記の疑問を検索したものの、専門的であったり、見つからないなどのことがあります。ご存知の方、どうぞ教えてください。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ