人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

年金の件です。サラリーマンですが、国民基礎年金は、65歳から貰うのが基本としても、60歳からもらうか、70歳からもらうか、選択の幅がありますが、厚生年金はどうなっているのか、教えてください。特別支給額の制度と、本来支給の制度があるということなので、混乱しております。どうかよろしくお願いします。

本来支給額については、早目にもらうという仕組はなく、遅めにもらうという仕組はある、
というふうに理解しました。
早目にもらうという仕組みがないのは、60歳から65歳までの期間は、特別支給の制度があるので、
そのようなことが必要ないから、と理解しております。
特別支給額の制度は、60歳からもらうか、61歳からもらうか、という選択があるのでしょうか。
選択によって、もらえる額が変わるのでしょうか、そこがよくわかりません。
どのみち、65歳までの制度と思えるという点で、いつからもらい始めようと、もらう金額は、
総額で同じになるのでは、と思えるのです

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

どのみち、65歳までの制度と思えるという点で、いつからもらい始めようと、もらう金額は、
総額で同じになるのでは、と思えるのです、と書きましたが、
ただ、63歳や64歳で死亡するなどというなら、どのみち同じということにならない
と思います。
また、63歳までは、定年延長で働き、高収入ゆえ、年金減額というならば、
64歳と65歳で集中的に、もらった方が減額がないので得かもしれないという
細かい計算があるかもしれないと思っています。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ