人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律がらみの質問です。
知人がマイカーを自動車メンテ工場に預けた所、工員の取り扱いミスで車体の塗装を擦ってしまったそうです。民法上は第634条のケースであること、美観回復のための全塗装は相場は20万円であること、くらいまでは私でも察しがつきますが、最終的にどこまで工場側に要求できるものなのかどうか、皆様方に広く経験や知見や落とし所をお伺いしたいと思います。
ちなみに車は高級車では無く、ほとんどレジャー目的で所有された車です。


●質問者: minminjp2001
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mugihika
●200ポイント ベストアンサー

傷がどの程度かわかりませんが、通常はドア一面に傷が付いたかといって全塗装することはまず無いと思います。
傷が付いた部分の修復にとどまると思います。

ただ、それに寄って被る損害、例えば車が使えなくなるなど、の場合は代車、レンタカー代などを請求できると思います。

どうしても傷の度合いに対して誠意ある対応が取られない場合は、その工場で修理するのでは無く、別の修理工場へ頼んでそこから直接請求してもらうという手もあります。

最悪弁護士に依頼する事もありますが、費用のことも考えるとあまり得策ではないかも。

任意保険に弁護士特約が付いていれば、それが使えないか相談してみてもいいと思いますよ。


minminjp2001さんのコメント
回答ありがとうございます 部分塗装でそこだけ違和感は残らないのでしょうか?

mugihikaさんのコメント
元々の塗装状態が綺麗であればさほど違和感は感じないと思いますが、これは逆に言えば元が劣化していれば塗り直した所の方が綺麗になってしまうので多少違和感はでます。 ただ、ぼかしという方法で境目を分かりずらくしてしまうので一見では分からないと思いますよ。 まあ、あとは塗装の技術次第ですね。

minminjp2001さんのコメント
二度目の回答ありがとうございます 結局友人は部分塗装をしてもらって出来栄えも違和感なく満足しているとのことで一件落着でした。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ