人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

宮沢大臣のSMバー関連について質問です。

テレビのドラマに料亭で政治家が会合する場面がでてきます。東京の有名な料亭では一人2万円以上でしょう。一次会で薬研堀のスナックかキャバクラで意見交換、二次会で総額15,000円のSMバープランはテレビドラマ的自民党水準の意見交換水準より、政治資金の節約になっています。

それで、政治家の政治資金の状況に詳しい方に質問です。

1)テレビドラマのような料亭で会合はよくあるのか。
2)だとすれば、東京の政治家が使う料亭の平均的な価格水準はどれくらいか。
4)また、それは政治資金規制法の対象となる資金から出資されているのか。
4)一次会で意見交換をすませた二次会の予算も帳簿にのせるというのは政治資金規制法的には許されるのか。(法律の精神ではなく、標準的な運用のレベルで御回答いただければ幸いです。)

蛇足:私は自民党は大嫌いですが、宮沢大臣のケースは少くとも金額的には全然セーフと思います。また、SMバーの従業員、もしくは、SM嗜好の方々への根強い差別意識も感じます。(正規雇用のOLも、キャバクラ嬢も、SM嬢も同じ人間として尊重するのが日本国憲法の精神だと信じております。)

●質問者: osakaeco
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 0/0件

▽最新の回答へ

質問者から

政治家の資金利用についての知識がないので、お聞きしたんですが、スパム以外に回答がありませんでした。こういう専門的な知識を100ptでもらおうというのが甘かったんでしょう。はてぶやコメント下さった方、ありがとうございました。そのみなさんに1ptづつあげたい気持です。

宮沢さんは東電がらみのほうが問題で、SMバーのほうは全然、問題じゃないと思っています。いってみれば、バッティングセンターで接待して、そのバッティングセンター代を会合費と勘違いして請求してしまったくらいの話です。秘書や議員の下半身の趣味には個人的にも興味はすんごくありますが、辞職かどうかっていう問題にはならんでしょう。ゴルフ接待とか、前に問題になったノーパンしゃぶしゃぶみたいに高額なら、利益供与とか、帳簿のごまかしとか問題になりえるかもしれませんが。

東電よりもSMバーのほうが、問題になっているのが、茶番に感じます。(実際に検索してもこの1ヶ月で、「SM 宮沢大臣」が「東電 宮沢大臣」の倍くらいヒットします。)私はSM趣味の議員がいても別にかまわんと思います。かりにそれが問題でも、注意してもどうにもならんのが、ほとんどの人にとっての下半身の問題でしょうし。いってみれば、奥さんとセックスレスだから、議員の資格がないといっているのとあんまりかわらないと思います。私も下品なので、どんなSMバーだったのか、行ったのは本人なのか、秘書なのかとか、普通に興味ありますが。でも、そういうのって新聞社が報道したりするようなことじゃないよね。

ちょっと興味があるのは、どうやって問題の領収書がSMバーのものか判明したかで、広島の繁華街でお店の名前をそのまま領収書に書かないようなイカガワしい店は100はくだらないじゃないかと思います。そういうお店のリスト自体、ないでしょうし、収支報告見て、どうやって問題の領収書がSMバーだってわかったんでしょうか。もしかして、見つけた本人が問題のSMバー(あるいはその系列店)のお客だったんじゃないのと思ってしまうんですが、どうでしょうか。(質問じゃないです。単なる憶測ですから。)


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ