人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校数学の確率密度関数について教えてください、良く確率密度関数f(x)という形で出てくるのですが、f(x)というのは単純な確立の事ではないんですよね?


●質問者: ronginusu
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
ベストアンサー

こちらは参考になるでしょうか。イメージとしては、確率分布関数を題意の区間で積分して得られる面積が確率になるような感じです。(^_^;
●[PDF]1 連続型確率変数と確率密度関数(Probability Density Function)
http://www1.tcue.ac.jp/home1/ymiyatagbt/sils08_09.pdf

チャート式 解法と演習数学3+C 改訂版

チャート式 解法と演習数学3+C 改訂版


ronginusuさんのコメント
読んだのですが、サイコロの場合だと何とかの目が出る確率?って感じの問題ですよね、この確率密度の場合は何とかから何とかの場合の確率は?って時に使うって事ですか?面積が確立になるって言うのが分かりづらいですが、確立って全部の場合の数が分母に来てそれが起こる場合の数が分子に来ますよね、このグラフの場合だと横軸がそれが起こる何とかから何とかになって縦軸は何を表しているのですか?

rscさんのコメント
従来の離散型と今考えている連続型の違いかな。こちらは参考になるでしょうか。 ●確率と面積の関係(3) http://www.kwansei.ac.jp/hs/z90010/sugakuc/toukei/menseki3/menseki3.htm

ronginusuさんのコメント
有難うございます、ただ、f(x)というものが積分して確立分布までの範囲を積分すれば面積になる関数と言う書き方なのでf(x)自体の意味については分かりにくいかと思います、f(x)が実際のどういうものかを知りたいですね、確立でいう全体の場合の数とか起こりうる場合の数みたいな

rscさんのコメント
離散型のときは確率になってるのかなぁ。でも、連続型のときは、あくまでも面積が確率を表しているので、確率密度としか呼びようがないのかな。(^_^;

ronginusuさんのコメント
分かりました、有難うございます、他にも質問しているのがあるので是非お願いします
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ