人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日経平均株価が1日で755円(4.8%)も上がりましたが(日銀の追加緩和で)、(1)消費税の税率2%アップは決行されると思いますか?先送りになると思いますか?(消費税増税をさせたいために日銀黒田総裁は追加緩和をして株価を上げようとした、という声もありますが。)(2)消費税率の扱いが決まった後、景気・株価はどうなると思いますか?(3)1と2の予想に基づいて、週明けに何らかの投資のアクションをしようと思っていますか?それとも様子見ですか?それとも投資自体をしていないですか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

(1)よほど景気が悪化しない限り消費税アップを強行するでしょう。景気判断というのはあくまで建前に過ぎないと思ってる。

(2)税率がどうこうよりも為替の影響のほうが大きい。

(3)短期的な運用は「投機」と呼ぶのであって「投資」とは言わない。長期的な運用でも安い時に買って高い時に売る基本は変わらないから、株価が高騰している状況で「投資」目的で手を出す人はいないでしょう。投資的判断では株価高騰はむしろ売りの好機という事。株は持ってるけどいずれも数年塩漬け状態だね。あと短期的に利益を出す事を求めているならターゲットの分散する株よりもFXや先物なんかのほうが確実。ちなみに株は下げ相場の方が儲かると言うデイトレーダーもいる。理由はちょっと考えればすぐわかる。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ