人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中二です。小学生の頃から文房具が好きで、そろそろ貯めていたお小遣いで気になっていた万年筆を買おうと思っています。
しかし、ちょっとでも高めの買い物をしようとすると、だいたい親から「もうちょっと別のことにお金使ったら?」と言われます。

ちょっと話しが変わりますが、
父は釣りが趣味で、よくルアーを買います。使ってないものが沢山あります。玄関を釣り道具置き場にすることがあります。

そんな人に、まだ実行してもいない文房具集めを否定されるのが納得いきません。
どうすれば、お互い納得できる結果にできるでしょうか?
ちなみに、私が自分の趣味のどんな所が好きなのかを説明すると、笑ってきます。

●質問者: ウミフライ
●カテゴリ:趣味・スポーツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん

万年筆もルアーも、手入れが面倒な部分がありますが、
それに気をつけられるのならいい趣味だとおもいます。
(万年筆は毎日つかっていないとインクが乾いて詰まってダメになりやすいですし、
人に貸すとすり減り方がちがってきてしまったりします。育てるものだともいわれます)
ただ、腕時計や万年筆、自動車やタバコは、昔はステータスをあらわすものでした。
おじさん向け雑誌にはいかにも社長さん部長さん買ってね!といわんばかりに、高級感を煽る写真印刷で広告が載っています。
そういう広告で「300万円の万年筆には300万円のすばらしい書き心地があり…」とか「昔気質の職人が一本一本先を削り…」などと由来ありげなことをいわれると、つい、だまされそうになります。
でもペンはペンです。1000円の万年筆とそんなにかわりありません。
お金が沢山あるならどう使おうと自由ですが、
未成年の人は他人がつくった過去の思い出よりも
自分の将来にお金をかけたほうがいいです。

はっきりいって高いペンをつかったからといって、勉強ができるようになるわけでも、他人が言うことを聞いてくれるわけでもない。
そのペンで書いたラブレターが相手の心を振り向かせる力があるかというとそういうことは経験上ないです。
鉛筆でも下書きをして文章をよく考え、丁寧に書いたものの方がよいです。
少なくとも字がきれいな人といわれたいなら
ペンに凝るより、まず習字(ペン習字など)を習った方がよいです。
ペン習字のお師匠さんに「あなたは筆圧が高いからこのペンが合っている」とすすめられたら
そこで初めてペンにこだわる価値が生まれてくるのだとおもいます。
自分より詳しい人に選んでもらうほうがいいですよ。

そこさえわかっていればお父さんの言うことなど気にせず、
お小遣いやお年玉のお金で好きなものを買っていいとおもいます。
好きなものを好きといえるのが幸せだとおもいますよ。


なぽりんさんのコメント
そういえば、自分の親は「またジーンズをこんなに沢山かっちゃった。ムカデ(百足)でもないのにこんなに買ってどうしようね」って自分で笑ってます。実際よく破くので気持はわかりますが私はジーンズは合うのが2本あればいいと思う方ですね。

2 ● 朝霞(あさか)

40代半ばのおばさんです。

質問者さんには残念な回答ですが、働いて収入を得ているかいないかの差が大きいと思うのです。
質問者さんのお小遣いも、保護者の方の収入から出ていると思います。 大人ってずるい! という例の一つになりますね。

質問者さんがアルバイトOKの高校に進学し、バイト代で文房具を購入するのであれば保護者の方に対して説得材料になるのではと思います。
──────────────────
親子であってもそれぞれ一人の人間であることは変わりません。親子が互いの趣味を理解できないというのは不自然なことではないのです。

ただ、互いの趣味や好みを尊重することは大事です。そのためには歩み寄りが必要だと個人的に思います。釣りを実際しなくても、お父様の趣味話に耳を傾けたり、その流れで質問者さんの趣味について話したりしてみてはいかがでしょうか。
──────────────────
*おまけ*

◆Lamy - Products
http://www.lamy.jp/products/safari.html

ラミーの万年筆をちょっとおすすめしてみます。
握りやすくてカラフルなところが好きです。


3 ● a-kuma3

買えば良いじゃないですか。
親も、怒りませんよ(多分)。

あなたの両親のことは、これっぽっちも知りませんが、同じ親として、きっと同じ気分なのだろうなあ、と思って、うちのことを、ちょっと書きます。


幼稚園の頃だったか、犬を飼いたい、って言い出したんですね。
一万円と千円の区別なんかついてないだろうに、でも、一応、店に行って、どれだけ高い買い物なのか、ってことを教えるわけですよ。
アイスクリームが 500個 買えるよ、とか、なるべく伝わるように(伝わらないんだけど)。

分かってなかったんでしょうねえ。
お年玉や、おこづかいを、全額ため始めました。

ゲームやポケモンのカードや、まんがとかにも興味があるだろうに、本当に全額。
「良いの?」って、何度も聞きましたさ。
まあ、全額をゲームや漫画に使ったら止めたでしょうけど :-)

小さい頃のことだし、もらってたお年玉は平均以下だったろうに、でも、使わないと たまるわけですよ。

あ、うち、双子なのね。
A と B ってするけど、A は、本当に全額。
B の方は、ちょいちょい使うんだけど、でも、8割くらいは、ためてたかなあ。
小5 くらいのときには、ふたりの合計で、10万近くたまってて、本当に買える金額になっちゃった。

B の方は、花粉症とか、ちょっと厳しくって、アレルギー検査してみたら、犬の毛にもアレルギーがあるの。
でも、いろいろ犬を見ていたら、トイプードルにはアレルギーがあまり出なくって。

で、「どうするの?」って聞いたら、「買う!」って。

まあ、犬 本体だけじゃなくって、いろいろかかるから、少し出したんだけどね。

子供のころの 5年以上って、短い期間じゃないだろうに、でも、飼いだしてからは、多少、扱いがぞんざいなような気はするけど、二人とも、やつのことを可愛がっているようです。
少なくとも、お金をためて、他のことに使ってなかったことについては、ぐちぐち言ってません。



んで、質問に戻るけど、それは「否定」しているのではなくて「確認」しているだけだと思うのですよ。
普通の中学生だったら、ゲームとかに使いそうな気もするけど、万年筆で、本当に良いの、って。

釣りなんて、お金も時間かかるし、元が取れる、とか、そういう趣味じゃない。
分かってるんです、お父さんも。
だから、笑ってる。

それは、馬鹿にしてるんじゃないんです。
我が子が、かわいいなあ、って、思ってるはず。


ちなみに、ぼくの子供のときの話。

高一のときに、バイトしてためたお金を、全額(多分、4?5万)はたいてカセットデッキを買いました。
本当は、その後に、アンプやスピーカーも買うつもりだったんだけど、熱が冷めちゃった。
冷静に考えると、無駄な使い方だったんだけど、そのときは宝物でした。



良いじゃないですか、買えば。

多分、お父さんも、うらやましいと思うのではないかな。
もし買ったら、「どれ、使わせてみろ」とか、言ってきますよ、きっと :-)


4 ● miharaseihyou

お金を使うのに良いも悪いもありません。
自分が欲しいと感じた物を買う。
あなたのお父さんのルアーも、欲しいから買って、使わないときには道具箱の肥やしです。
あなたが欲しいなら、そして買えるだけのお金があるなら、買うべきです。
自分が欲しい物を買うと言うのは基本的な事なのです。
そして、お金を使うという事の基礎的な訓練でもあります。
結果がどうなろうと、その万年筆はあなたのかけがえのない青春の記念碑になるでしょう。


5 ● Qthulu

http://www.youtube.com/watch?v=O9sUMWyGe88

Namiki Falcon と言う万年筆だそうです。
この動画くらい使いこなしてくれれば万年筆も嬉しいでしょうね。
この動画を見せればご両親の万年筆に対する認識が変わる?かも?知れませんね。
そして、収集が目的とのことですけど折角ですし、使い方を究めてみるのもいいんじゃないかなと思います。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ