人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

英語でプリンスとデュークはどっちが偉そうなタイトルなのですか?プリンスオブウエールズが王太子なので、プリンスの方が偉そうに聞こえます。
他方、フランス語で、プランスとデュクだとどちらが格上なのでしょうか。ブルボン王政とボナパルト帝政で違うでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

プリンス=王子(王の近親者)

デューク=公爵(王に忠誠を誓う諸侯)

意味が明確に異なるし、どちらが格上かって
わざわざ説明するまでもない事だと思うけど


2 ● 匿名回答2号

もともとはprinceは国の元首かその後継者、dukeは元首に指名されて地方を守る人。

フランスで、帝政下では、princeに次ぐ爵位がduc。
その前のブルボン王朝ではducは最高の爵位、つまり王家ではないということ。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 質問を重ねるようですみませんが、 「フランスで、帝政下では、princeに次ぐ爵位がduc。」ということですが、 princeとは、フランス帝国の爵位だったのでしょうか(フランス帝国の爵位の中で、Ducより上位だったと) それとも、フランスの衛星国の君主のタイトルとして、こういうものがあったという趣旨でしょうか。 もちろん、フランス帝国の皇族もプリンスと呼ばれていたとは思います。

質問者から

ドイツでは、一概に申しては怒られますが、ドイツ帝国(第二帝国)では、デュークとプリンスでは、デュークが上位だったようです。ドイツ語では、それぞれ、ヘルツォーク、フユーストですが。
ドイツは東フランク王国、フランスは、西フランクの後継国家だと思います。ただし、後継なのは、東フランク、神聖ローマ帝国、オーストリア帝国であり、フランスは、フランス王国(ブルボン王朝まで)だと思いますけれど。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ