人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Photoshop等での絵の描き方で「黒で大まかな形を作ってからグレーで削っていって、濃い白や黒でハイライト?を入れる」といった描き方をしているひとを見かけます。あれはどういう訓練をしていると出来るようになるのでしょう。

質問がぼんやりしてて申し訳ないですが、以下のようなことが疑問です。

・「影を見る」みたいなデッサンの描き方がそれに近いのでしょうか
・それとも粘土や彫刻をする感覚なのでしょうか
・形は予めイメージ出来ているのか
・反射具合?は予めイメージ出来ているのか
・カラーからグレースケールの変換のようなものの見方が出来るのか
・自分は、絵を描くときはたいてい、輪郭線が最初なので、我流を突き進めても ああはならないと思います
・特に、粗い線でざくざく塗ってるな、と思ってたら、いつのまにツルッとした面に見えてくるのが不思議でならない

具体的には、例えば 下記YouTubeのようなのです。
http://www.youtube.com/user/lackism

●質問者: tenori_lion
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●100ポイント

キアロスクーロ - Wikipedia
グリザイユという名前でも流行りました。
これは凄い!!面白い色塗りテクニック 「グリザイユ画法」で描こう!|萌えイラスト上達法! お絵かき初心者の学習部屋

個人的には、輪郭を先に書くと体が開いた絵になりがちだとおもいます。
「アジのヒラキ」みたいなポーズばかりではつまらないので、自然に書く手法としてカタマリでものをとらえる訓練をするとグリザイユになるのかなとおもいます。
つるっとするのはSAIのなじませ筆が性能がよいからかと。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ