人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

鳥が車のナンバープレートに挟まることってありますか?(そういった習性など)
歩いていると偶然、駐車場に止まっている車のナンバープレートが目に入った時、プレートと車体の隙間に頭から鳥が挟まっていたのを見かけました。血などはでていませんでしたが、全く動いていないようで死んでいるのか生きているのかも確認できませんでした。初めて見たので非常に驚きました。

単なるイタズラで人間がやっている可能性が高いのかと考えましたが、ああいった狭い隙間に鳥自らが挟まるような事はよくあるんでしょうか?そういった鳥の習慣や癖のようなものなどあれば教えていただきたいです。
経験談などでも構いません。よろしく御願い致します。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:生活
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

車の前面にあったのなら、おそらく走行している自動車と飛んでいる鳥が衝突してそのまま挟まってしまったのでしょう。
そういう衝突事故はよく起こりますが、ほとんどの場合は衝突死した鳥が道路脇に転がっておしまいです。このような自動車が原因の動物の死亡はロードキルと呼ばれます。
しかしごくまれに、鳥が自動車前面の隙間に挟まって死んでいたり、時には鳥が生きているということもあります。
Grilled pheasant | The Sun |News
Owl Stuck in Florida Woman's Car Grill - YouTube

一説によると自動車と衝突して死亡する鳥の数は、アメリカ合衆国だけで年間6000万羽を超えると言われています。衝突事故はそれくらい多いですから、中には車に挟まってしまう鳥もでてくるわけです。
Causes of Bird Mortality « Sibley Guides

もしその鳥が車の後ろ側にあったのなら、私にはちょっと理由は分かりません。
たまたま頭を突っ込んで挟まってしまったのか、それとも車がバックで激走していたのか…
とりあえず車の隙間に自分から頭を突っ込む習性のある鳥を、私は知りません。
ドアミラーやウィンドウに映った自分の姿と喧嘩する鳥ならよくいます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ