人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ルイ15世の愛人だったという、ポンパドール侯爵夫人というのは、どういう意味かというと、ポンパドール侯爵の配偶者としての称号ではなく、まさにその女性自身がポンパドール侯爵(ポンパドール女侯爵)という意味だと思われますが、ただしいですか。
彼女の夫へ、侯爵の称号を与えたということではない、と考えております。

侯爵領というものも一応あったのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

ポンパドゥール夫人 - Wikipedia
ジャンヌ=アントワネット・ポワソン が本名。
ポンパドゥールが侯爵領の対象地名だとおもいます。
http://www.visitvoltaire.com/v_pompadour.htm
一度裕福な男性と結婚して社交界デビューしたものの、
ルイ15世の公妾として侯爵になるまえに離婚したということですので
やはり独身にもどった女性本人が侯爵を持っていたのでしょう。
つまりおっしゃるとおり「ポンパドゥール夫人」ではなく「ポンパドゥール女侯爵」というのが正しいのでしょう。


匿名回答2号さんのコメント
http://www.godanriver.com/calendar/american-music-awards-live-stream-online/event_0ee954d4-736c-11e4-b1fb-3c4a92f305e0.html

匿名回答3号さんのコメント
http://www.ign.com/boards/threads/watch-american-music-awards-2014-online-redcarpet-watch-live-stream.454305987/

匿名質問者さんのコメント
有難うございました。 公妾というのは、カトリック界としては、どうなっているのか (見て見ぬふりという大人の対応なのかもしれないですね。 公妾になるときは、その前に離婚をするのですね。はじめてしりました。 カトリック国では離婚禁止なのに、どうなってりうのかな、と思いますね。 カトリックの立場としては、以前として、離婚は成立していないという立場で、 これも見て見ぬふりなんでしょうか、と思ってしまいました。 (フランス人に聞いてみたいです)
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ