人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事上のクライアントに忘年会に誘っていただきました。

お礼に「お食事代の足しにしてください」としていくらか包んでお渡ししたいと思っているのですが、作法的に失礼などにあたったりしませんでしょうか。

普段、同様の事があった場合、差し入れなどをするのですが会場の関係などもあり、モノをお渡しするのは難しい状態です。

●質問者: KatouMio
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● すぎやま
●100ポイント ベストアンサー

以前、営業をしていたので似たようなシチュエーションに遭遇した経験をお伝えします。

まずは「現金を渡す」という行為ですが先方の税法上や会計上の処理の仕組みによっては受け取ってもらえないケースがあることを認識しておいて下さい。

その上で、まず重要なのはクライアントに誘われているのは「質問者様の会社だけ」でしょうか?
もしも複数の会社が集まっての忘年会であれば、少し慎重になる必要があると思います。
お金を渡すところは絶対に他の会社は見ていますので。

もう一つ重要なのはクライアントとの「関係性」です。
基本的には小さな会社から大きな会社に「足しにして下さい」というスタンスでお金を渡すのは違和感を感じます。大きな会社はプライドがあるからです。
質問者様の会社がクライアントの会社よりも明らかに大きな会社である場合は特に気にする必要はないかと思います。

もしもこの2点で問題があるようであれば、後日「良い忘年会に呼んでくださった感謝」という意味で「贈答品」を贈った方が良いかと思います。

これを踏まえた上での渡し方ですが一番重要なのは「いつ」「誰から誰に」「どのような目的」で渡すかです。
基本的には「忘年会が終わるタイミング」で質問者様から幹事の方に「幹事の方と先方の責任者に、うちの上司から御礼を伝えたい」と言いましょう。
「質問者様と質問者様の上司」と「先方の幹事の方と責任者」この4人だけの空間が作れるのが理想です。
質問者様の上司から先方の責任者に、忘年会に呼んで頂いた御礼を述べてもらって「その感謝として」ということで「質問者様から幹事の方に」手渡しましょう。上司に渡させたり、質問者様から先方の責任者に渡すのは不自然です。

受け取ってもらえるかは、その場の判断です。(たぶん、50%くらいは断られます)
受け取ってもらえなければ、上に書いたように贈答品を贈りましょう。

以上、参考になれば。
頑張って下さい。


KatouMioさんのコメント
とても参考になりました。もしも、断られたら贈答品を後日お送りするようにしたいと思います。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ