人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

フランス語の不定詞に関しての質問です。(アクセスを入れていませんが、あるとものとしてご理解いただければ助かります)

フランス語で動詞に不定詞+動詞を取る場合、

たとえば

aimer + V (直接動詞を従える)

accepter + de V (前置詞 de を介して従える)

apprendre + a V (前置詞 a を介して従える)


のようなパターンがあります。手持ちの文法書ではそれぞれ動詞毎に分かれると記載があり、いくつかの動詞のグループ分けがされているのですが、リストの動詞が不十分で、何かグルーピングにルールがあれば覚えたいのです。

例えば上記の一番最初の例だと aimer desirer prefer adorer などの気持ちや欲求を表す動詞は前置詞を取らないのではないか?と推測しており、(あくまで推測です) こういったパターンなどがどこかにざっくりとでもルールとしてテキストが落ちていると助かるのですが、どなたかご存じないでしょうか?

一応文章作成時に毎回用法をGoogleで例文を引いてチェックしているのですが、正しい研究や知識に基づいたものではないのが不安なのです。

●質問者: dgfgf5656
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● lang_and_engine
ベストアンサー

この使い分けはフランス語特有の個別イディオムとみなすしかなく,無理に規則を見出そうとすると逆にどつぼにはまってしまいます。
a/de/なし の使い分けは暗記するのが一番の近道です。
それ以外の前置詞であれば,英語と対応付けて覚えることも可能なのですが。


フランス語で,a+不定詞 と de +不定詞の使い分けのパターンや規則は存在せず,前置詞と動詞の組み合わせを熟語として暗記するのがベスト
http://d.hatena.ne.jp/TipsMemo+polyglot/20141218/p3


質問者から

ありがとうございます。またブログポストの方も拝見致しました。ちょうど悩んでいた所にヒットするもので、多分暗記しか無いんだろうな?とだいたい推測していた所だったのでそこに対するバックアップがいただけたのが助かりました。(当のフランス人のフランス文法学者や教育者がこういったポイントの研究をしていないのかいつも気になってしまいますが…)


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ