人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人事業主が仕事で大きな損失を出してしまった場合

印刷系の仕事を承っているのですが、
業務の中で損害賠償請求も止む終えないミスを犯してしまいました。
(誤った情報を載せたまま印刷に回してしまうという失態を犯しました・・・)

直接謝罪へは伺う予定なのですが、その際に先方から賠償請求された場合、
まずどこへ相談すれば良いのでしょうか?

また、同じような経験をされた方がいましたら
ぜひ経験談を教えて下さると幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

そもそも、他人に損害を与えたら賠償するのは当然の話です。
まずは、被害を受けた方に謝罪に伺い、賠償についても相談するのが良いように思います。
程度や相手によると思いますが、真摯に向き合って謝罪すると、許して頂ける場合もあると思います。

相談した結果、損害賠償として当然の額を請求をされた場合、支払に応じるべきと思います。
もし、必要以上に請求された場合、その方との間を取り持つ事が出来るような人が見つかれば、間に立って頂くようお願いしてみると良いです。
そのような方が見つからず、請求された損害賠償額が理不尽な場合は、最寄りの弁護士に相談して争うしか無いと思います。

最初から弁護士や間に立てるような人を探していると、相手の感情を逆なでする事もありますので、まずは謝罪して、損害について相談するのが良いと思います。


2 ● 匿名回答2号

個人事業主ということは、おそらくDTP組版屋さんかデザイナーさんでしょう? 校正の最終チェックはどなたがなさったのか、ふつうは校了の最終責任は発注者側にあるはずです。
そうだとしても、もちろん、ミスはミスですから、ある程度の弁償は覚悟してください。ただし、珍しくないケースですから、賠償額は同業者にお尋ねになったください。印刷物が配布前と配布後では対処の仕方に差があります。請求額と相場があまりに違う場合は弁護士にご相談ください。


質問者から

皆さんご回答ありがとうございます!
先方の方に謝罪したところ、なんとか許して頂く事が出来ました。
今回の件を教訓として今後同じミスを繰り返さないようにしたいと思います。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ