人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

五稜郭の楼閣はなぜダメなのか

先日、函館の五稜郭に行ったのですが、楼閣が大砲の的になることに気がついて取り壊した、という話がありました。
射撃角度を正確に知られるのでまずい、みたいな理由だったのですが、いまいちよくわかりません。
一発勝負ならともかく、着弾さえ観測できれば楼閣があろうがなかろうが関係ないのかな、と思ったのですが、違うのでしょうか?

そもそも、五稜郭が敵の大砲に対抗するためにわざと平べったくつくってあるっていう理屈がよくわかってないので。そのあたりも含めて解説いただけると嬉しいです。
射程が同じなら高台から打つ方が有利なんじゃないかとか思うのですが…。

よろしくお願いします。


●質問者: GM91
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 椶櫚
ベストアンサー

これですかね。
http://cmeg.jp/pc/1

背の高い建造物は大砲の標的になるために築かないので、政庁を置くスペースがなく、純軍事施設として建造されるのが、本来の稜堡式の築城様式であり、それに反している。

本来の稜堡式の築城様式(=西洋式)は、大砲の標的になる背の高い建造物を築かないので、その方式に反している、と。

実際、箱館戦争の際、写真にあるように箱館奉行所の建物の天辺にある楼閣が、官軍の軍艦の艦砲射撃の格好の的になった。それを知った旧幕府軍は慌てて楼閣部分を撤去したが、射撃角度をかなりの精度で知られてしまい、要塞内に次々と着弾。最早この時点で要塞としての機能は麻痺していた。


写真どこ?。と思ったら、

> ウィキペディアの項目「五稜郭」を素材として二次利用しています。

で、肝心のウィキペディアはというと、昨年の12月に記述の大幅改造があって、そこに転載されている部分は取り除かれてしまったようです。

変更前の記述。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E4%BA%94%E7%A8%9C%E9%83%AD&oldid=53621072

写真もあるけれども、「写真にあるように」と掲載写真との関連とがイマイチ不明です。あるいはこの文章自体が丸ごとどこかからのパクリなのかもしれませんが。



ではなにがいけないのか。大砲の射出において、方角が大きくずれるという事はまず考えられず、(「射撃角度をかなりの精度で知られてしまい」=)仰角による飛距離の調整のみが問題となるのでしょう。高いから標的になるのではなく、高い建物があると距離を割り出しやすくなるので問題だ、という事だと思われますけれども(※)。建造物である以上、標的は位置固定なので、1発当たってさえしまえばあとは方角も仰角も固定でいいわけですしね。

※「坂の上の雲」で秋山参謀が望遠鏡を使って相手戦艦との距離を計測していたあのシーンがまさにそれ。相手戦艦との距離を割り出して砲弾を命中させるための仰角を計算しているわけです。弾薬も無尽蔵にあるわけではありませんし。


GM91さんのコメント
軍艦同士ならともかく、動かない要塞を固定した大砲で打つのですから、ある程度予測して打てるし打った後も2、3発着弾修正すれば済むんじゃないのかな?と思うのです。無駄玉はもったいないですが、戦争するのに5発とか10発くらいしかないとかはありえないですよね。 で、楼閣の存在がわざわざ取り壊すほど重大なのか?というのが私の疑問です。

椶櫚さんのコメント
う?ん、そうするとランドマーク的な意味合いですかね?。狙う側からすれば格好の標的であるというような。狙った位置に着弾したかどうかも遠目から一目瞭然でしょうし、砲台をわざわざ高台にまで運ぶ場合と比較しても効率的かなぁと(というか、高台に据えた砲台も同じ理屈で狙われやすい気がしないでもないです)。少なくとも、そうした高層の建物の存在が戦況に有利に働く要素はどこにも無いように思えます。 わざわざ取り壊す必要があったかについては、相手の攻撃がはじめから最大戦力なのであれば、すでに壊す意味は無いでしょうね。いずれやってくるかもしれない増援部隊にまで同じ事をされる可能性を考慮するならば、砲撃を受けた後にあえて取り壊す意義も生まれるのだろうと思います。相手の部隊規模を事前に把握できるようになるのは、情報戦という手法が発達する近代になってからでしょうし、当時としてはそうした対応もある意味仕方が無かったのかなぁと(憶測ばかりですみません^^;)。

GM91さんのコメント
ありがとうございます。 誤解させてしまったようですみません。 楼閣が有利になるか?というよりは 楼閣があるとなぜ不利になるのか?が知りたいのです。

椶櫚さんのコメント
ああ、なんか勘違いしていました。 > 射程が同じなら高台から打つ方が有利なんじゃないかとか思うのですが…。 というのは攻城側ではなく、また楼閣(お城)の話でもなく、守備側における砲台設置位置の話ですか。砲台の位置を高くして、「このポイントから砲撃してますよ」というのが敵に丸わかりな状態では、それこそいい標的だと思います。守備側の火力を奪ってしまえば接近を阻む障害は無いも同然で、攻城側は安心して近くに陣を張れるではありませんか。 後半の疑問に対する回答はこちらで間に合うと思いますよ。 http://www5a.biglobe.ne.jp/~tsukuba/Ryo/Html/Toha.htm そうすると、「射撃角度」っていうのも、仰角ではなく方位そのものの事かも。

GM91さんのコメント
いやう?んなんていうんですかね、「高い壁は的になる」はそうだと思うんですよ でも背が低いから何かいいことあるの? というのがわからないのです。 確かに天守閣みたいな構造物に大砲を据えても狙い撃ちされて終了だと思うのですが、極端な例だと、小高い丘に築城して高台(土の山の上)から打ち下ろす方がちょっとだけマシなんじゃね?と思うのですよ。 それとも、「高い壁は無駄だから廃れた」ってんならまだわかるんですけど。

質問者から

補足です。
知りたいのは

高い建物があると、射撃角度を求めやすいというのはどういう理屈なんでしょうか?

という点です。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ