人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

皇室の新年祝賀の儀と
一般参賀は、なぜ皇室の方が祝賀を「お受け」になるのですか?
ご一緒にお祝いされる…とまで言うのはおこがましいのかもしれませんが…。
(政治的意図はありません)

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

もともとは全国神職のトップでいらしたわけですが、
敗戦して新憲法ができて「国民の象徴」となられてからは
祝賀を行う宗教的リーダーから(すくなくとも全国版としては)降りさせられたわけで
その分、祝賀を「授ける」から「受ける」立場になられたのかなとおもいます。
これで納得いかなければ「お年玉」の由来を調べれば大体わかるかもしれません。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。「お年玉」も調べました。 どちらかというと、神側に立つ存在なのですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ