人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

外国人に敬語を分かりやすく教える方法

例えばファストフード店でスタッフが「こちらでお召し上がりになりますか?」
と聞くのは我々日本人にとっては普通のことですが、日本語を学んでいる外国人
からすると、「お召し上がり」が難しいようです。
すごくシンプルに教えるなら、「食べる」を丁寧な表現(polite)で良いのかも
しれません。
ただ、積極的に日本語を学んでいる人なので、できれば尊敬語と謙譲語の概念に
ついても教えてあげたいなと考えています。

「食べる」について言えば、
・尊敬語=アクションする人を高める表現=「召し上がる」
・謙譲語= 〃 低めて相手を高める表現=「いただく」

このような事を図や事例を用いて分かりやすく解説したサイト(英語かフランス語か日本語)はないでしょうか?

あるいは、日本人でも難しい尊敬語や謙譲語まで説明せずにもっと簡単に教える方法が
あれば是非お願いいたします。


●質問者: homeland
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 椶櫚
ベストアンサー

Sonkeigoで画像検索するといろいろ出てきますよ。

google:image:Sonkeigo

http://jtalkonline.blogspot.co.uk/2014/03/business-japanese-keigo-i-sonkeigo.html
http://japanesekeigo.webnode.jp/keigo/
http://www.momo7.jp/momo7/articles/jwt/012.html

基本概念については、これらの解説でなんとなく伝わるような気はします。


運用レベルの話ですと、

尊敬語の主語は相手
謙譲語の主語は自分

というのもあったんですが、残念ながらスペイン語の解説でした。
http://manuel.midoriparadise.com/2010/07/%E6%95%AC%E8%AA%9E-keigo-lenguaje-formal/
ただ、日本語の解説でも同様のものが複数見つかるので、安心して使っても良さそうです。

「こちらでお召し上がりになりますか?」の場合、食べる主体(購入者)は、語る店員の側からすれば相手になるので、相手を持ち上げる表現の「尊敬語」が用いられた、のような解説には便利な概念かと思います(店員が食べるわけにはいかないので、自分を主語にして説明する謙譲語は出る幕が無い、と)。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ