人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

特定口座の質問ですが、対象の株式の売買益から毎回源泉徴収されている額を年間で、合算して損益通算してくれています(不正確な表現ならすみません)。信託についても、売買益を同様に処理してくれています。
(1)さて、信託の配当の源泉徴収は、どうなっているんでしょう、選択しなくても、証券会社でやってくれていると認識しています(あやまりなら教えてくださいませ)。

(2)そこでですが、株式の受取配当は、どうなりますでしょうか。受取配当について、振込を指定し、かつ、振込先を証券会社にしている場合です。このとき、特定口座に含めるか否か、投資家側の選択の余地がありますか。選択の余地があるなら、どちらにするか考えたいと思います。

選択の余地がないなら、つまり、ある株式を特定口座に含めると、その株の売買損益関係も、特定口座で管理すると共に、受取配当も特定口座で管理されることになるのでしたら、この株は特定口座に含めないという判断もあると思いました。

+++++++++++
ご指摘がありましたので、質問の文章を、もともとの文章から少し直してみました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

株式の配当は、配当金を振り込む銀行口座を、
株式発行会社が確認してくると思いますが。


匿名質問者さんのコメント
有難うございます。 配当金を振り込む口座を、証券会社にすると、 それを、特定口座に含めるか含めないか、という選択が起きるということですね。 振込先を銀行にしておけば、そもそも、特定口座に入れるか入れないかという話は起きないわけですね。 だから、投資信託の場合は、配当だけ銀行に振り込むということがないため、こんな議論が起きなかったんですね。 基本的なところを、気が付かせていただきました。有難うございます。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ