人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1月24日(日経夕刊)で、「松がめでたい理由として、松の葉っぱは、二枚でひと組であって、枯れ落ちでも離れない」ことに、先人たちは夫婦の理想を見た、と紹介されてます。昔から、日本では一夫一妻制が基本だったのでしょうか。私には、次のようなことが気になるのですが・・・
●有力者は、同時の複数の妻妾を抱え、それが理想だったんでは。
●妻を抱えるには資産が必要で、それは有力者にしかできず、非力な男性にはそれができない。
とすれば、女性が溢れてしまうから、有力男性が引き受けてあげざるをえない。
女性にとってもありがたい習俗。
●妻を抱えるには男性の成功が必要だから、すでに男性は老人である。やがて死ぬので、
妻は、新しい男性と結婚しないといけない。だから、一夫一妻は無理ではないか。
●昔の医学kでは、妻は出産で死ぬ可能性が高い、だから、夫は常に同時には妻は一人としても、
生涯のうちで何人も妻を持つのがふつう。
詳しい人、よろしくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ