人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

医師に、受動喫煙の疑いありと言われました。受動喫煙の診断書が世の中にはあることを知りました。この医師が、受動喫煙の診断書を書いてくださるかわかりませんが、もし次回、発行するかどうか、問われた場合、判断に迷います。何かの役にたつでしょうか。将来を含め。
職場の場合、これを会社へ呈示すると意味があるケースがあるのでしょうか?環境改善が見込まれるとか。
或いは、
持参して県の労政局か国の労働基準監督署に斡旋申請の際に用いる時に意味がある(?)。職場改善の斡旋です。
冷静に考えると、会社に呈示して、社長に嫌われて左遷や解雇されるのなら、診断書をもらう意味は少ないです。黙って退職すれば、嫌われることもなく、変に退職金を削られることもないと思います。

ただし、すくなくとも、今後、喉の治療代や、喘息やCOPDの治療費代をを労災申請するときに使えるかもしれないということですか。ならば、意味はあると思います。(仮に、5年度10年後だと、会社自体なくなっているかもしれませんが(苦笑))。

診断書にはお金がかかるので、あらかじめ知りたいと思っております。
知見あるかた、経験あるかた、どうぞよろしくお願いをいたします。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:人生相談
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ