人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ワキガについて質問します。白人はたいていの人がそうである、と聞くことあります。
実際どうなのですか、人種によりますか、北欧人、ドイツ人、イギリス人、スコットランド人、フランス人、イタリア人、スペイン人、ロシア人などで、違いはありますか?

昔、心理学の実験のため、
一般人を、募集して、刑務所の囚人の役割と、看守の役割に分けて、
数日過ごさせて、看守の役割の人がだんだん残酷になっていく、
という映画があったのですが(映画では、舞台はドイツ)、
そこでは、10人くらいいた看守のうちの一人がワキガで、
それを囚人役から指摘されたことをきっかけに、
残酷になっていく、というストーリーでした。
ワキガというのが、差別的な感じで指摘されたのです。
彼は、もともと、それを悩んでいたように見えました。
なお、原作は、アメリカであったかもしれません。

いずれにしても、白人の世界で、ワキガは少数派のような、前提のストーリーです。
そこで、多いのか少ないのかという、質問を思い立ちました。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ