人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世の中には明らかにおかしいことを信じている人たちが一定数いますが、科学のような分野でもオカルト的なものが正しいとされているケースってあるんですか?


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答3号

こういうのですか?

現在使われている全身麻酔薬は,中枢神経に作用する薬の中でも最も強力なもので,危険を伴う場合もある。そのため,麻酔科医は患者や手術の内容に合わせて麻酔薬の投与量を調節し,手術中の不測の事態を回避するためにざまざまな機器を使ってモニターする。しかし,細心の注意を払ってきたにもかかわらず,麻酔が引き起こしたとみられる死亡者の割合はほぼ横ばいだ。その最大の原因は,今の全身麻酔薬は経験的に使用されてきたもので,その作用のメカニズムがはっきりとはわかっていないことにある。

麻酔の科学 脳に働くメカニズム | 日経サイエンス

2 ● 匿名回答4号

宇宙のブラックホール説なんて、オカルト的でもありますね。


3 ● 匿名回答6号

http://www.asahi-net.or.jp/~ft1t-ocai/jgk/Jgk/Public/Color/index.html
http://j.se-engine.org/
http://www.net-g.com/photon/reset.html
これらのようなものでしょうね。


4 ● 匿名回答7号

はいここでSTAP細胞!
真剣に探求してる方もいるので、
オカルトに例示すると失礼かもしれないですが
世間にオカルト扱いされちゃってる例として
新聞読まない層にも悪名たかくて
すごく理解されやすいんです…。

他にも永久機関(超伝導がらみ以外で)とか
常温核融合、常温ダイヤモンド合成とか
相対性理論からの?タイムマシン、とか。
あるっちゃあるですよ?。
でもシロウトさんはオカルトとおかるとっぽい科学は見分けつかないのと、
まじめに100年くらいやったら今はアレでもそのうち出来ちゃうかもしれないので、
ま、おかると「っぽい」科学です。
今だと正しいとまでは断言できないしオカルトとも(オカルトの定義があやふやだから)断言できませんね。

あ、アメリカの創造論なんかは「正しいとされているオカルト」っぽいですな
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/
でもこれもミッシングリンクのことを擬神化してるともいえるのでね?


5 ● 匿名回答10号

量子力学とかオカルトですよ
シュレディンガーの猫なんかは多世界解釈といって
猫が死んでいる世界と猫が生きている世界が同時に存在し、観測すればどちらかに収束する。
平行世界が存在するという論法がありますし、量子そのものは同時に別のところに存在できます。
量子力学はある意味オカルトでしょう。


匿名回答11号さんのコメント
量子力学の解釈部分は色々あるにせよ、現象面は定量的に予測を立て、その通りかどうかを実験で再現できるので、「オカルト」とは一線を画しますね。 別にテレパシーだろうがフリーエネルギーだろうが霊界だろうが、どうしてそうなるのかはわからなくても、「こうすればこうなるはずである」と言って何度やってもその通りに再現できるならオカルトじゃなくなりますよ。

1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ