人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

徳川将軍は、公家にも土地の安堵の朱印状みたいなもの給付しているようですが、主従関係にはなりそうでならない、その歯止めはなんでしょうか。

鎌倉将軍は、土地を介して、主従関係を御家人との間で結んでいました。土地の安堵が、主従関係のキーだったと思います。鎌倉将軍は、京都の公家とは、土地の安堵などはしていないと思います。室町将軍はどうであったか、わかりません(お分かりの方がおられたら、お願いします)。

どうぞ宜しくお願いします。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

武家が時の権力者として所領安堵してあげることはあっても、基本的に武家と公家は主従関係は無いでしょ。


匿名質問者さんのコメント
権力者として、一方的に、恩恵を施すということですね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ