人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

細胞性免疫が感染防御の主体となる疾患はどれか
百日咳
破傷風
ジフテリア
溶血性連鎖球菌感染症
結核

●質問者: Izkgkf0CPUsl85gi0dBq
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● gizmo5
●100ポイント

結核です。

この結核菌に感染した際に獲得される抵抗性は、 主にマクロファージとT細胞から構成される典型的な細胞性免疫である。

免疫機構

Izkgkf0CPUsl85gi0dBqさんのコメント
他のものは細胞性免疫は関係ないのでしょうか?

gizmo5さんのコメント
関係がないということはありませんが細胞性免疫が主体ということではなく体液性免疫が働きます。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ