人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

微生物学の質問です
増殖の途中に毒素を放出する物はいないのでしょうか?
すべて 感染型なのでしょうか?

●質問者: Izkgkf0CPUsl85gi0dBq
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● tibitora
●50ポイント

こちらを見つけましたのでお伝えしますね。
少しでもご参考になりますと幸いです。
http://www.nho-kumamoto.jp/kusu-press/kusu-68-01.html
食中毒 下痢治療薬 食中毒予防のポイント?家庭編?

細菌性食中毒をおこす特に注意が必要な原因細菌には感染型と毒素型の菌がありサルモネラ、病原大腸菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクタなどは前者で、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌などは後者です。

一方病原大腸菌O157では産生するベロ毒素により発症1週間後ごろから溶血性尿毒症症候群、脳症を合併し死亡することがあります。またボツリヌス菌は酸素の無いところで生息する"嫌気性菌"で神経毒素を産生し嚥下障害、呼吸障害をきたす死亡率の高い菌です。


http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0907/h0710-2.html
ボツリヌス菌による食中毒及び上気道感染症様症状が初感染症である食中毒等について

3 ボツリヌス毒素
ボツリヌス菌は、増殖時に分子量30万?90万の蛋白質であるボツリヌス毒素を産生する。この毒素は、A型?G型7つに分類される。


2 ● suppadv
●50ポイント

毒素型と感染型の中間はあります。
ウェルシュ菌やセレウス菌が中間型で、感染後に毒素を生成するタイプと考えられています。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ