人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ウィリアム・H. マクニールの「世界史」について質問です。上巻の P.400 に記載されている以下の文章で、『「古典的」な可能性』、『厄災』とは、具体的には何を指しているか教えていただけないでしょうか?

『ヨーロッパ(もっと最近では西欧)文明が異常なほど激しく変化することは、その最も際立った特色である。休むことを知らない西欧世界は、例えば中世時代にはじめて「古典的」な可能性を持った生活スタイルを努力して作り出したかと思うと、大きな災厄に見舞われて、その特定の社会、文化の秩序が捨て去られてしまう。すると、厄災の時期が過ぎてから、「古典的」 な可能性を持った新たな型が出現し、結局はこれもまた同じ運命をたどる。このような具合に、自然に変転が繰り返される文明は、世界でも例外的だった。』

世界史 上 (中公文庫 マ 10-3) 文庫 ? 2008/1/25
ウィリアム・H. マクニール (著), 増田 義郎 (翻訳), 佐々木 昭夫 (翻訳)

1428816672
●拡大する

●質問者: domodomodomo
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ