人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本語の質問です
私達の まわりには いろいろな 動物が 住んでいます
これの 「私達の」と「まわりには」 と言うのはどの言葉につながっているのか教えてください

●質問者: fashudifhajs
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● ラフティング
●38ポイント

「私達の」⇒「まわりには」
「まわりには」⇒「住んでいます」
「いろいろな」⇒「動物が」
「動物が」⇒「住んでいます」


Izkgkf0CPUsl85gi0dBqさんのコメント
私達のは、一つ後ろの言葉にかかるのに、 なぜ、まわりには は、二つ後ろの言葉にかかるのですか?

2 ● ¢huukaze¢
●38ポイント

この文の主語は「動物が」で、述語が「住んでいる」になります。
「私達の」は「まわりには」を修飾しています。
「いろいろな」は「動物が」を修飾しています。
「私達の」「まわりには」というのは、修飾・被修飾の関係なのでセットにして考えて「私達のまわりには」というのにして、形容詞は動詞を修飾するので「私達のまわりには」は「住んでいる」を修飾していることになります。


3 ● adgt
●38ポイント

上の2つの回答と同じですが

「私達の」 → まわりには を修飾
「まわりには」 → 住んでいる を修飾

日本語の文の構成では主語、述語、修飾語、非修飾語などは入れ替えることが可能です。そのため、すぐ後ろの語にかかる修飾語と、何個か後の語にかかる修飾語とがあります。

基本的には、主語-述語、修飾語-被修飾語は近くの置くほうが分かりやすくなります。例文は、主語と述語を近づける語順で書かれています。修飾-被修飾の関係を優先するのであれば、以下のようになります。

いろいろな 動物が 私達の まわりには 住んでいます


このように日本語の語順は変えることができます。その配置を分かりやすく並べるのが文章術です。

「日本語の文章術」まとめ その2 | 凹レンズ ―まとまりのないブログ―
「日本語の文章術」まとめ その5 | 凹レンズ ―まとまりのないブログ―


4 ● なぽりん
●38ポイント

質問者がたずねていらっしゃるのは文の成分のうちの補語です。

主語は「動物」であり、形容詞「いろいろな」で修飾されています。
述語が「住んでいます」

これだけだと「いろいろな動物が住んでいます。」

あたりまえすぎてなにがいいたいのかがわかりませんので補足が必要です。
これを補語、必須補語といいます。

ただ住むのではなく「私たちのまわりに住んで」いるということを言いたいのです。
この文章では補語は動詞(述語)をおぎないます。

ただし「私たちの身のまわりの動物たちは、いろいろな形のすみかをつくっています」
の文章だと、「私たちの身の回りの」が「動物」(名詞、主語)にかかります。

つまり、補語でも「には」「の」などといった助詞の変化で、主語と述語のどちらにかかるかを見分ける決まりです。


5 ● don_tacos
●37ポイント

(私達のまわりには) (いろいろな 動物が) (住んでいます)
(Many kinds of animal species) /inhabit /(in our surroundings.)

?私達の(Our)→まわり(surroundings)に「つながり」ます。語順は
「私達の→まわり」です。
?「まわりには」というのは場所を表す副詞句(adverbial phrase of place)ですので、文章の残りの部分すべてに「つながり」ます。語順は、入れ替わる場合がああります。下の文章はどちらも同等です。
・(私達のまわりには)(いろいろな動物が)(住んでいます)
・(いろいろな動物が)(私達のまわりには)(住んでいます)

いろいろな(many kinds of)動物(animal species)が/
住んでいます(inhabit)/
私たちの(our)まわり(surroundings)には(in)


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ