人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

8年前に父親から引き継いだ弟の工場に100万円を貸して、父親に借用書を書かせ、連帯保証人に弟にもハンコをつかせました。

諸事情があり、その100万円を実際に払わせるまではいかないけれど、この債権を更新出来る方法はないのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

返済時期は定めていないのでしょうか。
「弟の工場に100万円を貸して、父親に借用書を書かせ」というのは、借主は会社だけど実質は個人事業ということでしょうか。

そうだとしたら、(中断事由が無ければ)既に時効です。

しかし、債務者が時効を主張しない限り、時効は認められません。それどことか債務者が返すと認めた場合は、債務者が時効による利益を事後的に放棄したことになるので、返さなければいけないことになります。債務者が時効を知らなければ、無知に乗じたことにはなりますが、交渉によって例えば今年末までに返すよう契約し直すといったことは可能です。


匿名回答2号さんのコメント
念のため、保証人も時効主張が認められるとされています。

質問者から

返済時期は定めていません。
父親が個人事業主です。
専従者としての申告があったかどうかは、今となっては不明です。


2 ● 匿名回答2号

いずれにせよ時効と考えられます。
ただし、債務者が支払うと認めた場合はその時から5年で時効です。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ