人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

梅田の本屋さんについてです。駅にある紀伊國屋 最近出来た芦屋書店 そして丸善と合同で出来た本屋 これの内、どこが一番置いてある本の数が多いのでしょうか?


●質問者: Izkgkf0CPUsl85gi0dBq
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● alfa-gadget
●100ポイント

MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 |実店舗詳細 |丸善&ジュンク堂ネットストア

ジュンク堂書店池袋本店を凌ぎ、国内最大の売場面積と蔵書数を誇る大型書店。

国内最大なので梅田の界隈でも一番でしょう。


2 ● なぜなに
●100ポイント

梅田で一番置いてある本の数が多いのは約200万冊の品揃えの、
丸善&ジュンク堂書店梅田店です。
比較すると、紀伊国屋書店の梅田本店は約80万冊、
新しく出来た梅田の蔦屋書店は約20万冊の品揃えだそうです。

参照記事:
(今月のもの)http://www.sankei.com/west/news/150504/wst1505040056-n1.html
(2011年ランキング)http://osaka-salon2.seesaa.net/article/180568064.html


3 ● winbd
●100ポイント

ジュンク堂書店梅田店ですね。
実際に目で見ても体感でわかるぐらいの広さの違いがあります。
http://www.sankei.com/west/news/150504/wst1505040056-n1.html

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ