人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

平成17年 マンション管理士 過去問題集より
> 【問 13】 Aは、認知症となり判断能力を欠く常況にある父親Bから何ら
> の代理権を付与されていないのに、Bの代理人と称してB所有のマンション
> の一室をCに売却する売買契約を締結した。この場合に関する次の記述のう
> ち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

ある回答解説集によると選択肢の2番が正解で・・・(欄外につづく↓↓↓)

●質問者: minminjp2001
●カテゴリ:経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

質問者から

(つづき↓↓↓)
> 2 Aについて表見代理の要件が満たされていたとしても、Cは、Aに対し
> て、無権代理人の責任を追及することができる。

これが正解肢だとされているのですが、これが判りません。私感で思うには、「Aについて表見代理」を行っているのはBなので、
Cが追求できるのは飽くまでBに対してではないでしょうか?

よろしくお願いします


1 ● みやど
ベストアンサー

表見代理を行っているのはAですよ。問題を読み直しましょう。この場合、あなたがCの立場にあるとすれば、Aに対して無権代理人の責任を追及するか、Bに対して「Aがやったのは表見代理だ」Bの責任を追及するか、あなたはどちらにするかを選択して良い、というのが判例の立場です。この問題は「あなたは前者をやって良い」ということを出題しているわけです。あなたがあくまで後者をやりたいというなら、やってかまいません。


minminjp2001さんのコメント
すいません。早とちりですね。お恥ずかしい。「Aは」の次に読点が打ってありますね。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ