人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

原発関連の文献を読んでいての質問です。
文献の中で「被爆」「被曝」「被ばく」の3種類の言葉を使い分けていますが、それぞれどのような意味の違いがあるのでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:科学・統計資料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

その文献ではどうかしりませんが、国語辞典的には以下のようです。
A「被爆」:爆発の結果としての放射能にさらされる。
B「被曝」:曝は「曝す」という意味です。爆発でなくて、
ふつうのレントゲン検査でも放射能にさらされるのは、これです。
C「被ばく」:「曝」という漢字は常用漢字ではないのでひらがなで書いています。
(「爆」なら常用漢字です)。

で、もしもその文献が、レントゲン検査ではBかC、福島の事故ではAと
区別しているとしたら、「福島のは爆発だ」と主張しているのでしょう。

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ