人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

寝不足になると、体が熱っぽくなります。どのような仕組なのでしょうか。なにかまずいでしょうか。

戦国時代の兵隊など夜討ち朝駆けなどしていますが、昔の侍は体が丈夫だったとは思いますが、熱っぽくはならなかったのでしょうか。
戦争中の兵隊さんはどうだったのでしょう。夜間行軍もあったと思うし、夜通し戦闘ということもあったと思います。後で熱っぽくなったりしなかったのでしょうか。あとあと、具合が悪いと戦力ダウンしますから、避けるべきだとかあると思います。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

夜更かしは体に悪いです。
人によってその症状はさまざまです。
口がねばつく、歯が浮く、ものを余計にたべて太る、午前中頭がはたらかないなど。
これらは自律神経という生理学の分野におしこめられてきました。
寝る前に働く副交感神経がねつっぽさを出す人もいるでしょう。

いい仕事をするためには必要なだけ寝てください。


2 ● 匿名回答2号

免疫は寝ている間に作られるので
寝不足だと病気になりやすくなります。


質問者から

発熱する理由がしりたいです。しかし、発熱しない人も結構いるんでしょうか。

カゼを引いて発熱するのは、ばい菌を殺すために熱を出しているという説があります。寝不足で、免疫が弱まったスキを突いて、ばい菌が暴れだし、そのばい菌を殺すために発熱するんでしょうか。


3 ● 匿名回答1号

発熱といっても、体温計の脇の下の温度か、手足がぼーっとむくんであついのかにもよりますって。
後者なら自律神経のためです。


匿名質問者さんのコメント
ありがとうございます。自律神経に異常がおきる?ということなのかな、と思いました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ