人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「外満州」について、本来は中国の領土である、という主張はどこかで行われていたりするんでしょうか?

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

もともとウィキペディアの「外満洲」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E6%BA%80%E5%B7%9E
にあるように、1689年のネルチンスク条約で中国領になって、
あとでロシア領になったのだから、とうぜん「本来中国領」という
主張はあるでしょう。


匿名質問者さんのコメント
そうなのですね。ありがとうございます。 満州人は、中国の少数民族ということで、扱われていますが、外満州も含めると、少数民族がまたたくさん増えるなぁと思いました。

質問者から

逆に、中国東北地方について、ロシア領だと主張する人たちはいないでしょうか。
北清事変のあと、ロシアが駐屯し続けましたし、第二次世界大戦で日本が敗北したあと、ソ連軍が軍事占領していたと思います。
満州人の土地かもしれないが、満州人をロシアの少数民族と扱えば、ロシアの土地だといえそうな気がしました。漢民族の土地ではなく、満州人の土地だという主張をすれば、大ロシアに含める考えもありそうです。すくなくとも、現在のロシアには、ツングース系の人たちが結構います。


関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ