人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

社長の死亡退職金を、社長が指定する人(親族の中のひとり)に全額支給できるようにするためには、どのような書類を生前に準備しておけばよいでしょうか?また、その書類(議事録等)の文例サンプルもお願いしたい。ちなみに、社長は株の大半を持つ中小企業の社長で、死亡時に数億円の保険金が会社に入ります。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号

会社の収入を個人に寄付?
無理じゃね?


2 ● 匿名回答2号
ベストアンサー

弁護士に相談しましょう。


匿名回答2号さんのコメント
通常は、会社の退職金規定などで、受取人が定められていると思います。 定められていない場合は、通常は民法上の相続人に支払うことが多いようです。 死亡退職金が 相続財産とみなされるかどうかは、ケースバイケースでが、相続財産と見なされた場合、法定相続人は、遺留分の請求権利があります。 通常は、遺言書を 作って、財産毎に 法定相続人の遺留分を考えた上で、受取人を決めておくのが、良いのじゃないかと思います。 そのような意味も含めて、「弁護士に相談しましょう。」と回答しました。

匿名質問者さんのコメント
真摯なご意見ありがとうございます。 社長の月額報酬、全財産の額等を勘案し、また死亡退職金受取人を指定することによって、この退職金が相続財産にならないであろうこと(つまり受取人固有の権利になること)は確認しております。実はこの社長には3人の子がいるのですが、事情があって、長男以外の2人に等分に退職金を渡すことを考えています。こういう指定は退職金規程にはなじまないと思うので、何か方法がないものか考えています。

質問者から

もちろんこれは受け側の意志ではなく、社長の意志です。


3 ● 匿名回答5号

こちらが参考になると思います。
http://touki.sihou-hagiwara.jp/article/13626771.html

念のため、税金上は民法と扱いが異なるので、ごっちゃにしないように。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4117.htm


匿名質問者さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 ただ、死亡退職金受取人指定の方法は提示していただいたリンク先には見あたらないようなのですが。。

匿名回答5号さんのコメント
もちろん、そこにあるのは問題点についてです。 相続人間の問題点があるかどうかは別として、No. 2へのコメントのように「なじまない」と言うのであれば、労働基準法施行規則43条2項を使いましょう。 http://www.seseragilaw.jp/souzoku43.html というより、そんな多額の金が入るのであれば、弁護士への相談料などそれに比べれば取るに足らないと思いますが。

匿名質問者さんのコメント
ご回答ありがとうございます。 労働基準法施行規則43条2項を見ますと、同規則42条が優先するように思えます。とにかく、どんな場合でも、特定の人以外に退職金が行かないようにしたいのです。 やはり弁護士に相談しないと、この件に関してはここでは無理ということになりそうでしょうか。

匿名回答5号さんのコメント
配偶者がいるわけですか。 それで、長男だけでなく配偶者にも行かせたくないというのは難しいと思います。 実質の死亡退職金(名目は違う)を何らかの形で設ける方法はあるかもしれませんが、ちょっと思いつきません。あったとしても、税金の点で厳しくなる可能性があります。

匿名回答5号さんのコメント
長男だけでなく配偶者にも行かせたくないと思うのには、何らかの事情があるものと思います。ここに書くのは差し支えるかもしれませんが、弁護士にはちゃんと守秘義務があるので、弁護士に相談しましょう。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ