人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【神聖ローマ帝国皇帝の選挙権被選挙権】
?選挙権:
だんだん、限定され、選挙候という形に集約されたことは世界史で習いましたが、当初は、どんな感じか、教えて下さい。
カロリング朝が断絶のときに、選挙権の範囲を決めたのだろうと想像してます。どういう手続きを踏んで、その範囲をどう決めたのか。

?被選挙権:
ハプスブルクの初代皇帝は、もともと大諸侯ではないです。
選挙権は持っているというレベルの諸侯でなくては、いけなかったんだろう、と思ったのですが、どうでしょう。(選挙権を持っている諸侯の一族でも良かったかもしれませんが。例えば、息子、弟、伯父叔父、従兄弟など。)
逆に言うと、選挙権を持っている諸侯の家臣レベル(つまり「又家来」)や、有力者であっても町人(例えば、フッガー家)や、だだの人たち(一般町人や、大地主や、農民)などではダメだめだったのだろうと思います。
他方、フランス国王が選挙に立候補したことがありますが、フランス国王に、選挙権はなかったと思われるので、悩んでいます。

ではいったい、被選挙権は、どういう決まっていたのでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:政治・社会
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ