人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NS-1に乗ってます。
昨日、突然エンジンが止まり、ヒューズが飛んだため
スクーターのホーンを、テスター代わりにして、
電流がどこで止まってるか確認してみたのですが
イグニッションコイルのとこで、ホーンが鳴らなくなりました。
になみに、プラグにも火が飛びません。

これは、CDIの故障で間違いないでしょうか、それとも
テスターで確認したほうがいいでしょうか。

宜しくお願いします。

●質問者: motokuntan
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pente40
●250ポイント ベストアンサー

ヒューズがとんだということは、異常電流が流れた原因を調べ流必要がありますが、プラグに火が飛ばない原因に多いのはCDIやイグニッションコイルです。

キボシやカプラーを外しながら順番に電流を追っていく必要があります。

NS-1に限らずCDIなどは熱による故障が多いところですので限りなく交換で直ると思います。

安いものでいいのでテスターを買いましょう。
安いものなら数百円で買えますよ。


motokuntanさんのコメント
異常電流が流れた原因はわからないのですが、台風のときの大雨でどこかショートしたにかなと思ってます。 現在はバッテリーつないでもヒューズは切れない状態です。 社外CDIですので、故障の可能性も大きいので、買い換えたいと思ってます。

motokuntanさんのコメント
CDI交換で直りました。 ありがとうございます。

2 ● alfa-gadget
●250ポイント

こちらが参考になると思います。
エイプ50バッテリー無し車火花が散らない。キックするとライトは点灯す... - Yahoo!知恵袋

プラグから火花が出ないときには、源流から確認しましょう。
エンジンと車体を繋ぐカプラ(ギボシ端子)をはずします。 エンジン側のカプラーの高圧の線(赤黒)に短い電線を繋いで先端の被覆を剥がして、フライホイールに軽く接触させて、キックします。 青白くて長い火花がでればOK。 出ないときには、アース不良・コイルの断線・あるいはショート等が考えられます。 次に、トリガパルスの青黄色線にも同様に線をつないで、キックして火花の様子を見ます。電圧が低いので見えにくいとは思いますが、出ればOK。 出ない時は、アース不良・コイルの断線・ショートなどが考えられます。 次にカプラーをつなぎ、CDIの黄黒線を探して、イグニッショんコイルから外して、同じように線をつないで、フライホイールに軽く接触させてキックします(キーはON )。 火花がでればOK。 出ないときには、CDIの不良・アースを含めた線の接触不良・黒白線がアースに落ちっぱなしなどが考えられます。 ここまでOKでも、火花が出ないときにはイグニッショんコイルを確認しましょう!!


私はどちらかというとヒューズが飛んだ理由の方が気になります。
どこかで短絡している可能性が大きいですので気を付けてください。


motokuntanさんのコメント
ご回答ありがとうございます。 電気は全然詳しくないのですが 今日フレームに当たるところで、一箇所たぶんプラス線だと思いますが 接触してるところがあり、そこでショートしたのかなって思ってます。 NS-1の後期はバッテリーCDI点火方式ですが、フライホイールから確認したほうがいいですか。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ