人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

椎間板ヘルニアについて。
昨年10月から ヘルニアによる腰痛、神経痛に悩まされています。MRIを撮ったところ、L3/4・4/5の椎間板ヘルニアと診断されたした。
現在まで週2回、物理療法とPTによる運動療法をしに整形外科に通院していますが、なかなか良くなりません。動けないほど痛いということはないのですが、辛いです。
先日の診察で、主治医には半年経っても痛みがなくならないなら手術した方がいいと勧められました。私はこの痛みが少しでも取れるのならしたかったのですが、 親がそんなもの必要ない、痛みに弱いだけだといって受けさせてもらえません。
このまま通院を続けて治るのでしょうか。
将来がすごく不安です。
ちなみに、高3で、リハビリ代は自分で出しています。バイトしているとはいえ、金銭的にも辛いです。



●質問者: yuna2525
●カテゴリ:医療・健康
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou

ヘルニアが整形外科で良くなることは稀です。
手術しても一時的に緩和されるだけで、もちろん絶対と言って良いほど完治しません。
高校生でそこまで悪化することは少ないのですが、何かの後遺症と言うことが考えられます。
運動部で非常識な指導者による無理なトレーニングが原因となることもあります。
しかし、現時点から病原を探し出しても完治は難しい。

最善の緩和策がストレッチです。
毎日最低でも30分以上、時間を決めて頑張ることをお勧めします。
まだ若いので、ストレッチによってかなりの改善が期待できます。

あなたの身体を見ていないので、たぶんとしか言えないのですが、足腰の筋肉だけでなく上半身も縮みまくっていると思う。
所謂「猫背」「がに股」体形ですね。
これは筋肉の使いすぎで、身体中の筋肉が太く短く縮むことによって起こります。
また、食いしばりがある場合は上半身を丸めて猫背になる人が多い。
口呼吸であれば鼻呼吸の訓練と顎の筋肉のストレッチと舌の訓練が必要になります。

足の爪の先から頭のてっぺんまで、縮んだものは伸ばしてやればいい。
顎や首の筋肉も、足首から先でも、全ての筋肉が影響します。
姿勢の矯正をすることになります。
しかし、毎日やらなければ効果が薄い。
しかも、なかなか結果が出ない。

教科書を紹介しておきます。
数ヶ月とか数年とかの単位で取り組むことをお勧めします。
健闘を祈ります。

もっと伸びる!ストレッチング―からだの硬い人にも柔らかい人にも対応! (からだ読本)

もっと伸びる!ストレッチング―からだの硬い人にも柔らかい人にも対応! (からだ読本)

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ