人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゲッティ・イメージズ、フォトリア、アマナ、アフロ、ピクスタ、フォトライブラリーといった、ウェッブ上で好みの写真を提供する(というか、ユーザーが好みの写真をダウンロードできる)業種は、一般的に、なんて呼ばれているんでしょか。ストックフォトでは、いまいち言い切れていないし。。。

●質問者: torimaki
●カテゴリ:ウェブ制作
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tea_cup

”写真”に引っかかりを感じているのでしたら、『ストックコンテンツ販売』でいかがでしょう。
初めての方へ | 写真素材・ストックフォトの【アマナイメージズ】


torimakiさんのコメント
tea_cupさま ご回答ありがとうございます。 貼っていただいたウェッブをチェックしてみました。アマナは音楽素材、動画、フォントまで「ダウンロード販売」している。そういうことも考え、同社は「ストックコンテンツ販売」という言い方をしているんでしょうね、きっと。 写真という言葉に引っかかりを感じている、というわけではないんです。 ストックフォト(あるいは写真販売代理店)という言い方は、会社側からみた言い方であって。それをユーザー側からみたら、どういう言い方があるのかな、という感じなのです。 ポスターやカタログに写真をのせるとき、基本的にカメラマンにお願いしていましたが。予算や時間がないときは、デザイナーが「レンタルポジ屋さん」まで足を運んで、ポジフィルムを借りにいっていました。その際の「レンタルポジ屋さん」的な、しっくりいく言い方は、ないものかと。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ