人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エアコンの設定温度を26度にしているのに、室温は21度まで下がります。
部屋の温度計は21度なのですが、エアコンが測定している室温は28度なので(エアコンに室温を表示させる機能があります)、エアコンはまだ設定温度まで室温が下がっていないと判断して運転を続けるためにこのようなことになるのだと思います。
どうしたらいいでしょうか。
ちなみに昼はこのような温度差が出ますが、夜になって太陽が沈むとこの現象は生じなくなります。
木造2階建ての2階の部屋なのですが、おそらく天井の断熱効果がないために昼間太陽が出ている時は温度差が生じ、夜は太陽が沈んで天井の温度が下がるために問題が解消するのだと思いますが、今から天井の断熱を改善することは大変です。
いちいち昼は設定温度を30度ぐらいにして、夜は設定温度を26度にするなんて面倒なこともしたくありません。
どのように対処すればいいでしょうか。

●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:家電・AV機器
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 匿名回答1号
ベストアンサー

リモコンもう一つ買って(どこのメーカーにも対応しているものが、1500円くらいからある)
昼用の31℃設定のと
夜用の26℃設定のと
つかいわけたらいいとおもいます。
もし片方紛失したり電池が切れてももう片方が使えるので保険にもなりますね。

それにしても、木造家屋で屋内までそんなに熱がくるのだと
屋根裏の配線ビニールが熱で溶けてショートして
小火でもだしやしないか心配になります。
ペットボトルがレンズになって太陽光を収束させて
火災が起きるという事例もありますし、
熱中症以外にもいろいろとお気をつけておすごしください。


2 ● 匿名回答3号

室外機に 直射日光が ガンガンん当たってませんか?
当たっていたら 試しに 外機の上に 大きめのベニヤ板等を
乗せて直射日光を 避けてみてください (風などで 飛ばされないよう に!!! また、吸気口 排気口を 絶対に ふさいで妨害しないよう に!!!)
改善するようなら その外機に合う直射日光よけ用屋根が
各メーカーで 用意されています それを 取り付けましょう
また外機の吸排気が じゃまされてませんか? 吸排気口から
壁まで 15センチ以上欲しいです

関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ