人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アルファベットを筆記体で書く際の、「小文字のr」と「大文字のG」の形状が未だに納得出来ません。
ゆえに、この2文字の形状の由来がわかるページを探していますが、ご存知のかたがいれば、Webページを教えてもらえないでしょうか?

数年前から、漢字ドリルの挿絵に似た、
<ブロック体(元の形) → 崩れていく過程 → 筆記体>
のような解説ページを探しているのですが、見つけることが出来ません。

形状に納得できれば、いまより上手に筆記体を書ける気がします。

●質問者: parsec
●カテゴリ:学習・教育
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● bnn
●300ポイント ベストアンサー

「G」は小文字の「g」の形からきているそうです。
少し形を変えてみればわかりやすいかもしれません。よく見たらgに似ていませんか?
f:id:bnn:20150817021910p:imagef:id:bnn:20150817021911j:image

「r」は一見すると形が違うように見えますが、次の文字につなげる最後の線(赤四角)を抜いたらrそのまんまです。
また、わかりやすいように大文字のRの下半分に似させたという話も聞いたことがあります。
f:id:bnn:20150817023751j:image

筆記体は結局アルファベットを速く書くために形を変えているだけなので、漢字と比べるとシンプルです。


parsecさんのコメント
ご回答いただきありがとうございます。 載せてもらった画像で完全に納得出来ました。 とてもスッキリした気持ちです。ありがとうございました。
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ