人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

島根県士族:明治時代に士族という制度ができましたが、松江藩士のほかにはどういう人がなったのでしょうか。出雲大社に使える職員の中には、寺社侍のようなレベルの人もおられたと想定しますが、こういったひとは士族の候補に入るかと・・・

(追加の質問です。島根の人は詳しいかもしれませんから、書き込んでくださるとうれしいのではあります。ただ、一番、疑問なのは、出雲大社の関係です。出雲大社の宮司は、華族になっていますから、藩主と似ています。藩主の家来は、藩士であり士族になっていますから、アナロジーで考えると、寺社侍は、士族かなぁと。)
他に、大地主、庄屋で、士分を与えれれていた人(こういう人は藩士と同じかもしれませんが)。
本人かぎりで、士分を与えたり、苗字帯刀になったりして、ちょうど幕末から明治に生きた人はどうだったか、とも思います。


●質問者: 匿名質問者
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問

●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ